在宅ワークと会社勤務を比較!メリット・デメリットから分かる違いとは?

働き方は時代によって変わるもので、IT技術が発達した現在ではでは在宅ワークを導入する企業が増えています。

家事、子育て、介護との両立のために在宅ワークを選ぶ人も多く、会社にとっても優秀な人材を手放さずに済むので、双方にメリットがある働き方を言えるでしょう。

では具体的に在宅ワークにどんなメリットがあり、反対にどんなデメリットがあるのか、そして会社勤務とどんな点が違うのか。

それぞれの特徴を比較しながら解説していきたいと思います。

在宅ワークに興味がある方はぜひご一読ください。

在宅ワークと会社勤務で悩んだら派遣会社に相談を。自分に合う働き方が見つかりますよ
在宅ワークが注目されてきて気になっている方も多いのでは?ですが、今まで会社勤務が多かったので、在宅ワークに切り替えたらどうなるか分からないものです。

そこで、自分は在宅ワークと会社勤務のどちらが合っているのか、悩んだら派遣会社ウィルオブに相談してみては?派遣会社の担当者にどんな働き方をしたいか希望を話し、自分に合う働き方を見つけていきましょう。
『ウィルオブ』への相談や登録はこちら

在宅ワークという働き方が選べる時代

インターネットの発達に伴い、働く場所を問わない在宅ワークという働き方が選べるようになりました。

在宅ワーカーやフリーランスといった言葉も広まっていて、SOHO(Small Office/Home Office:ソーホー)なんていう呼び方もしますね。

フリーランスとして在宅ワークをされている方もいますし、会社員で在宅勤務をされている方もいます。

いずれにしても、「自宅で仕事をするスタイル」が在宅ワークです。

在宅勤務はリモートワークの一種ですが、「在宅」という言葉の通り自宅での勤務を指します。

サテライトオフィスで働くのはリモートワークになりますね。

在宅ワークのメリット


在宅ワークには、自分の家や独自の仕事スペースなどの好きな場所でできるので、リラックスした状態で仕事をすることができる魅力があります。

他にも色々なメリットがあるので、紹介していきます。

出勤しなくていい(通勤時間の節約)

自宅を仕事場とする在宅ワークは、会社に出勤する必要がありません。

在宅ワークをしている会社員の場合は必要に応じて出勤することもあるかと思いますが、フリーランスの在宅ワーカーは出勤とは無縁です。

出勤が必要なくなれば、通勤時間を節約できます。

片道30分の通勤が不要になれば、一日に1時間も浮くことになりますよね。

その1時間があれば仕事を早く片付けられますし、プライベートの時間も増えます。

通勤のストレスもないので、メンタルヘルスの面でもメリットが得られるでしょう。

時間の都合をつけやすい

出勤が不要ということにも関係していますが、在宅ワークは会社勤務よりも時間の都合をつけやすいです。

フリーランスなら自分で働く時間を自由に決められます。

会社員の在宅勤務は仕事時間が決められていることもありますが、それでも会社勤務と比べれば自由度が高いです。

たとえば会社勤務だと、時間的に子どもの送り迎えが難しい場合がありますよね。

在宅ワークなら、一旦仕事を中断して送り迎えに行けるので、時間の融通が利く自由な働き方ができます。

自由が利く働き方だからこそ、Wワーク(副業)としても注目されているのです。

Wワークについては「Wワークのメリット・デメリットとは?長く続けるコツや注意点などを解説」でくわしく解説しているので、興味がある方は是非ご覧ください。

働く場所を選ばない

在宅ワークなら、自宅以外にも仕事場所を選べます。

たとえばカフェで仕事したり、コワーキングスペースで仕事したり、働く場所を選びません。

カフェやコワーキングスペースで仕事する場合は会社の情報が漏れないように十分注意する必要がありますが、パソコンとインターネットさえあればどこでも仕事ができます。

また、働きたい会社があっても、物理的な距離の問題で雇用してもらうのが難しい場合があると思いますが、在宅ワークなら遠方の会社でも雇用してもらうことが可能です。

家庭の事情などで会社から遠い場所に引っ越しをする場合でも、在宅ワークなら辞めずに済みます。

人間関係の煩わしさに悩まされない

在宅ワークは人と会う機会が少ないため、人間関係の煩わしさに悩まされにくいというのもメリットと言えます。

職場の人間関係の悪化は転職の理由によく挙げられるので、人と関わるのに疲れたという方は在宅ワークが向いているかもしれません。

職場の飲み会が苦手という方も多いと思いますが、在宅ワークならそれも回避できます。

面と向かって飲み会に誘われたら断りづらいですが、メールとかなら断りやすいですし、そもそも誘われること自体が減るでしょう。

在宅ワークのデメリット

在宅ワークは人の目が気にならないので気持ちは楽ではありますが、油断をしているといろいろな面で不調が出てくることがあるので注意が必要となるのです。

メリットに続き、今度はデメリットとなる部分を紹介していきます。

自己管理ができないと仕事に支障が出る

在宅ワークは働く時間や場所が自由である代わりに、しっかりと自己管理しなければなりません。

会社なら周りの目があるのでサボりづらいですが、在宅ワークは誰にも見られていないのでサボってしまいたくなります。

自己管理ができないと仕事に支障が出てしまいますし、あまりに怠惰になってしまうと職を失うかもしれません。

会社にとっては在宅ワーカーの仕事時間は監視しにくいため、自己管理に委ねられる部分が大きいです。

会社勤務なら朝眠くても起きざるを得ませんが、在宅ワークだとついつい二度寝して起きるのが遅くなったり、昼寝したりしてしまいます。

自己管理できる自信がない方は在宅ワークに向いていないかもしれません。

コミュニケーションをとるのが難しい

在宅ワークではメールやチャットを使ってやり取りをすることが多いですが、文面では誤解が生じたり、伝わりきらなかったりすることがあります。

対面で話せば数秒で済むことも、メールやチャットではうまく伝わらず時間がかかってしまうこともあるでしょう。

在宅ワークは極力人と会わずに済むというメリットがある反面、コミュニケーションの難しさが大きな課題となります。

勘違いしたまま作業をすると後で修正が必要となるかもしれないので、分からない点は確認してから作業を進めるようにしましょう。

教えてもらう機会が減る

在宅ワークは人と会う機会が減ると同時に、人に教えてもらう機会も減ります。

メールやチャットで教えてもらうこともできますが、文字だけで伝えるのは難しいものです。

たとえば、パソコンの操作を教えてもうとき、画面を見ながらレクチャーを受けるのと、文面だけで説明を受けるのとではわかりやすさが違いますよね。

画面共有ツールなどを使う方法もありますが、対面よりも手間がかかってしまいます。

運動不足になる

在宅ワークは出勤しなくていいので楽ですが、外に出る機会が減るので運動不足になっていまいます。

会社勤務なら出勤のために歩くので少なからず運動になりますが、在宅ワークにはそれもありません。

運動が好きな方なら積極的にスポーツやランニングをされると思うので大丈夫だとは思いますが、心配なのは運動が苦手な方や運動する習慣がない方です。

在宅ワークをするのではれば、運動不足にならないように体を動かす習慣をつけておきましょう。

会社勤務のメリット


会社勤務は、仕事をしている意識が高まって集中力も上がりますし、他の人との交流は良い刺激となります。

他にも、会社勤務のメリットがあるので、紹介していきます。

コミュニケーションが取りやすい

会社勤務は顔を合わせて会話できるので、在宅ワークよりもコミュニケーションが取りやすいです。

特にチームではコミュニケーションが非常に重要になってきます。

会社勤務をされている方はその点をあまり意識されないと思いますが、在宅ワークをしてみるとメールやチャットではコミュニケーションが難しいと感じることでしょう。

仕事とプライベートにメリハリがつく

出社をすると、他の人の視線もあるので、仕事をしようという気持ちに切り替わります。

仕事だと意識をすれば自然と集中力が高まり、仕事に専念できるのです。

また、仕事に必要なものが揃っているので、必要な時にすぐに用意ができるという安心感もあるので、仕事が捗ります。

技術や知識を教えてもらいやすい

会社勤務だと分からないことは上司や同僚など職場の人にすぐ聞けるので、技術や知識を教えてもらいやすいのがメリットです。

会社勤務をされている方はその点をあまり意識されないと思いますが、対面で直接教えてもらうのと文面で教えてもらうのとでは伝わりやすさが違います。

ある程度経験を積んだ方なら自分で解決できることが多いと思いますが、経験が浅い頃は人に教えてほしいことはたくさんありますよね。

在宅ワークをするならその点も考慮した方がよいでしょう。

会社勤務のデメリット

仕事に関して集中できる会社勤務ですが、業務以外の部分でデメリットを感じてしまう方も多くいます。

どういった部分にデメリットを感じるのか、紹介していきます。

通勤がしんどい

通勤は時間をとられますし、通勤ラッシュに巻き込まれると出勤前に疲れてしまいます。

自宅で仕事できれば少し起きられますし、プライベートの時間も増えるのにと考えている方は多いのではないでしょうか。

その点、在宅で働いている人は出勤しなくいいので時間の有効活用ができますよね。

通勤しなくてよいのは在宅ワークを考えるひとつの理由だと思います。

ただ、通勤でも電車やバスなどの時間が長い方は、乗車中に読書やスマホなどでニュース記事を読んだりして情報収集の時間にも使えるので、悪いばかりではありません。

自動車で通勤してる方も、ラジオを聞くことでニュースなどを聞くことができます。

人間関係に悩まされることがある

職場の人間関係が悪化して転職を考える方は多いかと思います。

仕事自体は好きでも人間関係がうまくいっていないと、その職場で働くこと自体がストレスになってしまいます。

相性によってはどうしても合わない人もいるので、職場の人間関係というのはなかなか難しいものです。

会社に行くのが辛いほど悩んでいるなら転職、または在宅ワークを考えた方がよいかもしれません。

会社が在宅ワークを導入しているなら、自宅勤務に切り替えるのもひとつの解決策です。

どうしても会社勤務でなければ仕事ができない場合は、1人で悩みを抱えずに派遣会社の担当者に相談をしてみましょう。

通勤可能な範囲でしか就職先を探せない

あの会社に勤めたいなと思っても、通勤距離の問題で諦めている方も多いことでしょう。

会社勤務だと通勤可能な範囲でしか就職先を探せません。

住む場所も限定されるので、どうしても就職・転職先の選択肢が狭まってしまいます。

その点、在宅ワークなら通勤が難しい遠方の会社でも雇用してもらうが可能なので、選択肢は広がるでしょう。

在宅ワークに向いてる仕事

では、実際に在宅ワークで向いてる仕事にはどんなものがあるのかを紹介していきます。

自分が向いてる仕事があれば、是非検討してみてください。

PCがあればできる「事務・WEB系」

PCやネット環境があればできる仕事なら、環境が整っていれば場所を選ばずにできます。

事務・WEB系には以下の仕事があります。

  • データ入力
  • WEBライター
  • ウェブデザイン
  • プログラミング
  • オンラインショップ

とくに、データ入力やWEBライターは主婦や副業としても人気があるのでおすすめです。

ただ、在宅で行う際に注意すべき点が、セキュリティーの問題です。

会社であればセキュリティーを整えているのですが、家だと家庭環境によってセキュリティーに差が出てきます。

その中でも、ウィルス対策や第三者に見られないように注意する必要があるので、在宅ワークを始める前にまずは環境を整えましょう。

会社によっては、会社のPCを使うように指示をされるので、その場合は会社のPCを使って作業をするようにしてください。

お客様と対面する必要がない「コールセンター」

電話やメールができる環境が整っていればできるので、在宅ワークでもコールセンターを選択する方もいます。

在宅ワークでもできる業務は以下の内容があります。

  • インバウンド
  • アウトバウンド
  • 問い合わせ受付
  • アンケート

自宅で行うので、リラックスした気持ちでできることが大きなメリットとなります。

短い勤務時間であれば、通勤時間にかける時間も短縮できるので、より有効的に時間を使うことができるのです。

ですが、自宅で行う時にコールセンターならではの注意点は、周囲の音に注意することです。

メールでの業務であれば背後の音を気にせずとも良いのですが、電話となると以外と音が入ってしまいます。

すると、音によっては電話の声が聞きづらくなったりと、業務に支障が出る可能性が出てくるのです。

コールセンター業務を在宅で行う際は、注意が必要になるので仕事部屋などを用意しておくといいでしょう。

在宅ワークを上手く活用するコツ


在宅ワークと会社勤務を見て、在宅ワークで仕事をしたいと思った方は、仕事を始める前に長く続けるためのコツを紹介します。

在宅でも仕事ができる環境を整える

まずは、在宅で仕事をするためには環境を整える必要があります。

会社によっては、会社からパソコンなどを支給されることもありますが、それでも、仕事をする環境を整える必要があります。

一番最初に取り組むべきことは、以下の内容のようなものがあります。

  • PCのセキュリティー状況を確認する
  • 作業効率を上げる為に、筆記用具などを用意する
  • 好きなものばかりを置いて集中力が途切れないよう、なるべく片づける

他にも、自分なりに仕事をする上で必要となるものを用意したりしましょう。

仕事スケジュールを確認する

自分だけの空間で、自分のペースでできるという大きなメリットが在宅ワークです。

しかし、人の目がないことで気持ちが緩みがちになります。

すると、仕事への集中力が途切れがちになり、業務がおろそかになる恐れがあります。

そこで、前もってどこまで仕事をやるか目標を立てておくようにしてください。

  • 今日は顧客リストを20件まとめよう
  • 段ボール2箱分の梱包を済ませよう
  • 12時に昼食を取って、15時に休憩を取るようにしよう

仕事の内容にもよりますが、ある程度やることや時間を決めることによって、目標までの集中力が保てるようになります。

スケジュールも、上記の大雑把なものでも良いですし、スケジュール表を作ったりして細かく決めても大丈夫です。

会社勤務を上手く活用するコツ

やはり在宅ワークよりも、会社勤務で仕事とプライベートをしっかり分けて仕事をしたいと思う方は、会社には他の方もいることを意識しておくことがポイントとなります。

社会人としてのマナーを身につける

社会人となれば、人との付き合い方にも気を付けなくてはなりません。

同僚でも、初対面の方でも関係なく、失礼な態度を取らないようにしましょう。

  • 言葉遣いは丁寧に
  • 服装や髪型は清潔に

これらに気を付けるだけでも、十分に印象は良くなります。

実際にどんな服装や髪型なら良いのか、こちらの「知っておくだけで失敗を9割回避! 新社会人の服装マナーとお役立ち情報」でも紹介しています。

新社会人以外の方にも当てはまることが多いので、是非参考にしてください。

会社勤務で不安と思う方の中には、とくに人付き合いが苦手とする方がいますが、フレンドリーにする必要はありません。

マナーが守れて仕事をきっちりこなしていれば、人付き合いは上手くいくものですよ。

仕事でわからないことは早くに解決をする

会社には仕事に必要となるデータなどが揃っていますし、上司や先輩などもいるので仕事に専念するのに十分な環境が整っているのです。

分からないことがあったら、同僚や上司にすぐに質問できるのが、会社勤務のメリットなので、安心して仕事に集中することができます。

ですが、分からないことをいつまでも1人で抱えて仕事を滞らせてしまうと、会社にも迷惑がかかってしまいます。

仕事の環境が整っているからこそ、仕事で分からないことは誰かに聞いたり調べたりして早めに解決をし、仕事を進めるようにしましょう。

ライフスタイルや性格に応じて最適な働き方を選ぼう

在宅ワークにも会社勤務にもそれぞれメリットとデメリットがあるので、どちらがよいかは一概には言えません。

大事なのは自分のライフスタイルや性格に合わせて最適な働き方を選ぶことです。

今の時代、在宅ワークという働き方がしやすくなっているので、選択肢として考えてみてもよいかと思います。

在宅ワークにもコミュニケーションが難しい点や運動不足になりやすい点などがデメリットとして挙げられるので、自分に合っているかよく考えてみてくださいね。

おわりに

人材不足の問題が深刻化するにつれ、在宅ワークを導入する企業が今後増えていくことが予想されます。

在宅ワークは家事、育児、介護との両立がしやすいため、高齢化社会と少子化の進行に伴ってますます必要とされることでしょう。

在宅ワークにもメリットとデメリットの両方がありますので、会社勤務と比較して自分にはどちらの働き方が合っているか考えてみてください。

自分に合う働き方が分かったら仕事探し!派遣会社ウィルオブはサポートも求人数も充実
在宅ワークでも会社勤務でも、どちらを選ぶにしても仕事があるかが重要になります。今はまだ会社勤務に比べたら在宅ワークは仕事の選択肢が狭まります。在宅ワークで多い仕事は、データ入力やライティング業務といった場所を選ばない業務です。

まずは、派遣会社へ相談をして自分に合うかを担当者と話し合ってみましょう。希望の仕事やシフトを考慮し、仕事探しのサポートをしてくれますよ。
“ウィルオブ”への相談や登録はこちら