Wワークのメリット・デメリットとは?長く続けるコツや注意点などを解説

今のバイトは気に入っているけれど、もう少しだけ収入が欲しいというあなた、バイトの掛け持ちはいかがですか。

ダブルワークとも称されるバイトの掛け持ちには、メリットもあればデメリットもあります。

掛け持ちしたいと思ったら、自分にとっての影響をよく検討するようにしましょう。

もうちょっとだけ仕事を増やしたいと考えている方は、まず派遣会社に相談をしてみては?
空いた時間が多いから何かしたい、今の収入だけでは不安だから仕事を増やしたい…そう思っている方はWワークを検討しているのでは?
Wワークをする上で条件など、どのくらい対応してくれるか分からず悩んでいるならまずは派遣会社ウィルオブに相談をしてみませんか?自分がWワークに向いているか、勤務時間や日数など細かい希望に合うような仕事はないかを一緒に考え、仕事を探してくれますよ。
『ウィルオブ』への相談や登録はこちら

バイトは掛け持ちも大丈夫?

バイトを掛け持ちしたいと考えたときは、必ずバイト先の就業規則を確認しましょう。

正社員は副業を禁止されている企業が多いですが、バイトの掛け持ちについてはとやかく言わないのが一般的です。

しかし、とくに個人情報を扱うような仕事の場合、同じような職種での掛け持ちを禁止している例がみられます。

仕事内容によっては掛け持ちができないかもしれないことを念頭に置き、就業規則を詳しく読みましょう。

バイトの掛け持ちについての記載がない場合は、上司などに相談してみると良いです。

そもそも副業との違いは何?

よく、Wワークと副業を同じと捉える方がいますが、実は厳密に言うと違いがあるのです。

2つの働き方がどういうものかを解説し、違いを見ていきましょう。

副業とは?

副業とは、本職を持ちながら副次的に行う仕事を指します。

この本職というものは、正社員として収入を得ているものとは別に収入を得ている仕事のことをいいます。

たとえば、「私は正社員として平日は事務で働いているが、土日はコールセンターで働いています」といった場合のコールセンターが副業に該当します。

Wワークとは?

Wワークとは、掛け持ちで仕事をすることを指しますが、副業と違うところは、本職としているものが正社員として働いているかです。

もし、本職として働いている仕事が正社員でなく、別の仕事でも収入を得ている場合は、その仕事はWワークになります。

たとえば、「私は平日の月水金は工場勤務をし、火木土は配達員として働いています」といった場合は、2つの仕事を掛け持ちしているので、Wワークに該当します。

会社によってWワーク禁止のところもあるが……

バイトは掛け持ちも大丈夫?」でも言いましたが、会社の規定でWワークや副業を禁止にしているところがあります。

そのため、Wワークを考えている方は、会社の規定をしっかり確認をしてから仕事を探しましょう。

ですが、このWワークや副業の禁止には、法的な拘束力はありません。

法律は、あくまでも勤務時間内での法律なので、勤務時間外はどう過ごしても自由であるという考えです。

では、何故会社によって禁止にするところがあるのか。

それは、Wワークや副業によって本職に影響を与えてしまう可能性があるからです。

たとえば、本職を終えたあと、深夜までWワークを行うことによって体調不良や本職の効率が下がれば会社に迷惑をかけることとなります。

これでは、仕事にならないので、会社は解雇を言い渡される恐れがあります。

他にも、本職の会社の評判を下げる様な仕事や同業他社で働く場合は、会社の機密が漏れてしまう恐れがあるので解雇の対象となる可能性もあるのです。

このように、法的には問題が無くても、会社の経営などに悪影響を及ぼす恐れがあるので、会社によっては禁止にしているところもあります。

どうしてもWワークや副業をしたい場合は、会社側としっかり話し合うか、仕事を変えてWワークができる会社を選ぶようにしましょう。

バイトの掛け持ち(Wワーク)をするメリット


ここでは、Wワークをすることで得られるメリットについて紹介していきます。

収入アップ

バイトを掛け持ちすれば、いうまでもなく収入がアップします。

生活にゆとりができ、趣味にお金を回すことができるようになるでしょう。貯金が増える可能性も高まります。

例えば、カレンダー通りに勤務する会社でバイトをしていると、大型連休のある月は極端に収入が減少してしまいます。

そこで、土日中心にサービス業のバイトを掛け持ちしたり、連休のイベントバイトに応募したりすれば、収入は安定します。

いろんな経験ができる

1つの会社で働いていると、そのバイト先のやり方しか見えません。

しかし、仕事のしかたは会社によってかなり違います。

バイトを掛け持ちすれば、「こんなやり方もあるんだ」という新鮮な発見があり、また違った経験を積むことができ、もう一方のバイト先でも活かせるチャンスがあるかもしれません。

キャリアアップが叶う

同じ職種の仕事を掛け持ちのバイト先として選べば、特定分野のキャリアアップをはかることができます。

同じ職種といっても、任される仕事の内容やレベルは多種多様だからです。

知識においても、経験においてもレベルアップが叶います。

一方がもう一方のストレス発散に役立つ

入力中心の事務作業を続けていると、「身体を動かしたい!」と叫びだしたくなるときがありませんか。

イライラを募らせるよりも、本当に身体を動かしてしまいましょう。

事務と倉庫作業など、身体や頭の違う部分を働かせる仕事を選べば、上手にストレス発散できます。

結果、バイトが長続きする効用も期待できますよ。

バイトの掛け持ち(Wワーク)をするデメリット


メリットとなる部分が大きく、Wワークをやってみたいと思われるかもしれません。

ですが、人によってはデメリットとなる部分がありますので、ここで紹介をしていきます。

スケジュールの管理が大変

バイトを掛け持ちしていると、それぞれのバイトに「出ることができない日」がたくさん発生します。

どちらもシフト制の仕事を選んでしまうと、あなたの柔軟性に欠けるスケジュールにがっくりされてしまうかもしれません。

また、突発的なスケジュール変更にも対応が難しくなってしまいますので、ちょっとだけ働きづらくなることが予想されます。

バイトを掛け持ちするときは、昼と夜、平日と土日の仕事を完全に分けるなどして、今のバイトに負担がかからないようにしましょう。

休みがない

平日バイトと土日のバイトというように掛け持ちをすると、休みがとれなくなります。

せっかく収入がアップするのに、お金を使う余暇がないという事態になりかねません。

体調管理が心配

働き過ぎると疲労がたまり、体調に影響してきます。

過労で倒れてどちらのバイト先にも迷惑をかけることになってしまったら、本末転倒です。

また、過労は集中力の乱れや注意力の欠如につながりますので、ミスが多くなることが考えられます。

無理は禁物ですよ。

学生は学業に影響が出る恐れがある

学生の場合はとくに、掛け持ちバイトについて慎重に検討しましょう。

学生の本分は学業です。

バイトに明け暮れていると、学業に影響が出る恐れがあります。

自分は将来何がしたくて、そのために今はどんな勉強をすべきなのかを改めて考え、学業を最優先事項と捉えてください。

Wワークを長く続ける5つのコツ

実際にWワークをやろうと思っても、それが長く続かなくては意味がありません。

そこで、Wワークを長く続けるコツ5つを紹介していきます。

本職に影響しないことを第一に考える

Wワークはあくまでもサブ的な存在です。

それが無理をして本職を休んだり仕事効率が下がってしまうと、本職の仕事を辞めさせられることがあります。

そうならないためにも、本職に影響しないような仕事を探すことで、無理なくWワークを続けることができるようになります。

スケジュール表を作成する

まず、自分の1日がどうなっているかを明確にしましょう。

スケジュール表を作成し、今の自分にどれだけの時間が空いているか、どう調整すれば良いかを見直します。

実際に目に見える形にすると、Wワークをする上でどのくらい働けば良いかが分かるので、仕事を探す目安にもなりますよ。

また、その中で自分に必要な時間は削らないようにし、余裕ある生活を保てるようにしてください。

空き時間を必ず作るようにする

空き時間を利用して働くからと言って、スケジュールいっぱいに入れてしまうと体力や気力に限界が来てしまいます。

どこかで息抜きをする空き時間を作ることで、自身に余裕ができるのでストレスを軽減することができます。

仕事と私生活のリズムをバランスよく調整することで、心身ともに無理せずに両立することができます。

Wワークをする目標をたてる

Wワークをしようと思った時、何かやりたいことがあるから思い立ったのではないでしょうか?

そのやりたいことを明確にし、目標を立てるとWワークを続ける目安になります。

たとえば、

  • 旅行に行きたいから20万円貯めたい
  • 生活費に回すお金を2万円ほど増やしたい
  • 事務のスキルを上げて自分ができることを増やしたい

このように、金額や目標とするものをはっきりとさせることで、自分がやるべきことがわかってやる気にも繋がります。

Wワークの楽しみを見つける

金銭的な問題や空いた時間に何かやりたいという欲求を満たすためなど、Wワークをする理由はさまざまです。

どのような理由でも、仕事をするのであれば楽しみを見つけることが大切です。

嫌々で仕事をするよりも、楽しく仕事ができる方が仕事に対する意欲が湧き、ストレスも少なく続けることができます。

Wワークでも同じことが言えるので、まずは自分がどんな仕事をしたいのかを考え、楽しく続けられるようなものを選びましょう。

バイト掛け持ち(Wワーク)における注意点

最初にも言いましたが、Wワーク(ダブルワーク)をする際は勤務先の就業規則や規定などの確認をするのは必須です。

ここでは、さらに注意すべき保険加入や税金についての説明をしていきます。

社会保険の加入

Wワークをする上で問題の一つとして大きいのが社会保険についてではないでしょうか。

複数のバイトを掛け持ちしていると、社会保険をどのバイトで加入申請をするか悩むものです。

社会保険とは?

まず、社会保険とは何か。

簡単に言うと「健康保険」「厚生年金保険」「雇用保険」「労災保険」「介護保険」などの保険の総称になります。

よく求人情報で「社会保険完備」などの記載があるかと思いますが、それはこれらの保険があることを意味しています。

一定条件を満たせば社会保険への加入が可能となり、勤務先から申請を行うことになります。

Wワークで複数のバイトで社会保険の加入条件が満たされてしまった場合には、どの勤務先で申請を行うかを選択する必要が出てきます。

基本的に収入が多い方を選ばれるかと思いますが、一度勤務先に相談しておくといいでしょう。

各保険の詳しい説明はこちらの「派遣でも社会保険に入れるの?加入の条件やメリットをくわしく解説!」に記載されていますので、ご確認ください。

社会保険の加入条件

では、社会保険に加入する条件を見ていきましょう。

加入条件は保険によって変わってきますので自分がどの保険に当てはまるかを確認しておきましょう。

■労災保険
労災保険は、ケガや病気などに見舞われても労働者が安心して働けるよう、いざというときに給付される保険です。

加入条件は働いている人であれば必ず加入する保険となります。

■雇用保険
雇用保険は、失業時に次の仕事を探す求職期間の生活を支える給付金(失業保険)を受けるためのものです。

簡単に言うと、失業したときのための保険になります。

この保険に関して詳しく知りたい人は別ページに掲載されている「失業保険とは?」をご覧ください。

加入条件は以下の3つです。

  • 雇用契約期間が31日以上ある
  • 1週間の所定労働時間が20時間以上ある
  • 学生ではない

■健康保険・厚生年金・介護保険
これらの保険に加入するには、1週間の所定労働時間が正社員の4/3以上であることが必要となります。

ですが、その条件に満たない場合でも以下の5つの条件すべてが当てはまれば加入できます。

  • 雇用契約期間が1年以上の見込みがある
  • 1週間の所定労働時間が20時間以上ある
  • 月額8万8000円以上ある
  • 会社の従業員数が501人以上いる
  • 学生ではない

税金と確定申告

Wワークで気を付けるべきは社会保険だけでなく、「税金」「確定申告」にも気を配らなければなりません。

確定申告には、申告すべきものとしなくてもいいものがあります。

確定申告については、以下の参考ページにも記載されていますので、併せてご覧ください。

【参考】
源泉徴収は正社員にもバイトにも大いに関係する!源泉徴収の仕組みを解説
扶養控除の壁を知らないと働き損になるかも!フリーターの所得税について

■確定申告をしなければならないもの
副業によって得ている「給与所得」が確定申告必須です。

この給与所得とは、どこかに雇われて給料を得ている給与のことを言います。

Wワークで複数の給与所得が少しでもあれば、それらを合算して確定申告をします。

■確定申告をしなくてもいいもの
この対象となるのは「事業所得」「雑所得」です。

事業所得とは誰かに雇われるのではなく、自分で事業を行って得た所得のことを言います。

そしてもう一つの雑所得とは、少額ではあるも自分の事業(アフィリエイトなど)で得た所得のことです。

これらの所得が年間20万円以下であれば確定申告の必要はありません。

また、これはあくまでも所得であるため、自分で事業を行う上での経費がある場合はその分を引き、所得の対象となる金額のみで算出してください。

税金を納めたくないなら所得は103万円を超えてはダメ!

せっかくWワークをしても税金で持っていかれてしまえば手取りが減ってしまいます。

それだと困る人は、課税対象(所得税や住民税)が103万円以上からなので、所得合算額を103万円以内に収めるよう調整をしましょう。

Wワークにおすすめの仕事

今の仕事だけでなく、空いた時間でほかにも仕事をして稼ぎたい!と思っていても、何から手を付ければいいのか、どんな仕事があるのかわからないという人がいるかもしれません。

そんな人のために、Wワークでおすすめする仕事を紹介していきます。

自分に何が合うかの参考にしてください。

コンビニ

専門的知識は不要で勤務時間も短時間OKな場合が多い仕事です。

制服も支給されることもあり、事前に準備するものがないためすぐに始められます。

Wワークでは人気が高い職種です。

また、店舗数もほかの業種に比べて多めなので「メインで働く職場の近くを避ける」「自宅近くで働きたい」などの希望通りの勤務地を見つけられる可能性が高いというのもポイントです。

飲食店

制服が支給されることが多くいので事前準備が少なく、お昼にはまかないが出る店舗もあるので学生にとってはおすすめといえる職種です。

社会人であれば時給が高くなる居酒屋での仕事がおすすめです。

ですが、この職種は体力が必要となるのでWワークの場合は体調管理に気を付けてください。

アパレル販売

アパレルや雑貨店などの販売業務も人気です。

好きなものに囲まれた環境での仕事はやはりやる気も上がるというもの。

ですが、お客様への声掛けなど積極的にお客様と関わる仕事なのでコミュニケーションを取ることが苦でない人におすすめです。

また、ほとんど立ち仕事となるので足のむくみがひどくなる心配はあるので、仕事を終えたらむくみケアなどを忘れずに。

サービス業

漫画喫茶やカラオケなどといったお店での業務で特徴的なのは、お客様と接する機会が少ないので比較的楽な仕事といえます。

あまり人と接したくないという人にはおすすめです。

お客様と接する機会は少ないものの、お客様が利用した後の部屋の清掃を行う業務があるので、掃除が苦手であれば少し厳しいかもしれません。

在宅系

やはり空いた時間で仕事をするなら在宅ワークを希望する人が多いのではないでしょうか。

とくに女性であれば、夜に出かけるといった防犯面の心配もないのでおすすめです。

在宅にはデータ入力や事務処理といったPCでできる仕事が多く、普段からパソコンを使っていればあまり苦にならない仕事といえます。

もし、パソコンが苦手という人でも、商品の袋詰めや組み立てなどといった作業系もありますので探してみましょう。

ただし、企業のデータや商品を扱うので管理をしっかりしておく必要があります。

在宅ワークについては、こちらの「在宅ワークと会社勤務を比較!メリット・デメリットから分かる違いとは?」でも紹介していますので、あわせてご覧ください。

アフィリエイト

少し在宅と似てはいますが、自分でサイトやブログを立ち上げてその中に貼り付けた広告で収入を得る仕事となります。

今の時代はブログやサイトを立ち上げることが簡単にできますので、自分のペースで稼ぎたい人におすすめです。

ですが、サイトやブログの認知度を上げたり、内容を充実させないといけないので、本格的に稼げるまで数年かかります。

とても根気がいるので手っ取り早く稼ぎたい人には不向きといえます。

バックヤード(軽作業)

工場系のライン業務や企業が持つ倉庫管理、商品梱包などといった裏方の仕事です。

もくもくと作業をするのでコミュニケーションが苦手な人にもおすすめです。

体力が必要な仕事となりますが、それ以上に同じような作業を繰り返すことに苦痛を感じる人には向いていない仕事といえます。

講師

塾講師や家庭教師などは自分の特技を生かせる仕事となります。

とくに大学生などは空いた時間を活用して問題を作ったり、教える箇所の復習をしたりと色々準備ができます。

ただ、今の時代の勉強範囲や方針などを知っておく必要があるので、学業事情の情報収集が大変になります。

ほかにもパソコン講師や携帯講師などといった種類もあります。自分に合ったものを選びましょう。

単発・日雇い

イベントや稼ぎ時などの短期で働ける仕事です。

後腐れなく職場を離れられるので人間関係での不安も少なめです。

一日時間が空いた時や長期休暇中などの期間を使って働けるので、少しでも多く働きたい人向けです。

しかし、短期だからこそ仕事で体力使う、経験者を優遇するなどの場合もあるため、募集条件はしっかり読んで自分に合う仕事を見つけてください。

ハンドメイド販売

今は、ネット上でもハンドメイドの商品を販売するサイトやアプリが増えてきているため、ハンドメイドをする人が増えています。

自分で作ったものを自分が設定した金額で売れるので、やりがいを感じることができる仕事となります。

ハンドメイドが好きな人にはおすすめです。

この仕事で大変なのが、売り物を自分の手で作ることです。

材料を集めるところからデザインから制作、販売までの工程すべてを行う必要があるので手間がかかります。

掛け持ちをするなら無理をしない範囲で

掛け持ちでバイトをするなら、体調管理が容易にできるよう、無理をしない範囲で働くのが原則です。

倒れてしまったり、大きなミスをしたりしてバイト先に迷惑をかけてしまえば、だんだん居づらくなってしまうでしょう。

元気に仕事ができるよう体調を管理するのも、また仕事のうちです。

おわりに

バイトの掛け持ちには、いろんな組み合わせが考えられますが、メインとサブとでメリハリをつけるとうまくいきます。

例えばメインは9時5時のオフィス仕事で、サブは自宅でできる内職というパターンや、メインはシフト制のサービス業で、サブは週1回の家庭教師などなど。

休みが取れるよう賢く組み合わせ、充実した働き方を手に入れましょう!

Wワークに挑戦したいなら派遣会社ウィルオブに相談を!無理ない働き方が見付かります
Wワークは、自分にとって無理しない働き方ができることが重要なポイントと言えます。そのため、仕事探しの条件はかなり制限されてしまいます。
Wワークで悩まれている方は、派遣会社ウィルオブに相談をしてみませんか?勤務時間や日数、業務内容など希望に合う仕事を多くの求人から探し、提案することができます。仕事をしながら新たな仕事を探すのは難しいので、派遣会社と一緒に仕事を探すことをおすすめします。
“ウィルオブ”への相談や登録はこちら