即日勤務はいつから?派遣登録~仕事開始までの期間やメリットなどを解説

派遣の仕事を探しているとき「即日スタートOK」「即日勤務歓迎」などと書かれた案件を目にすることがあります。この場合の「即日」とは、そもそもいつのタイミングを意味しているのでしょうか。

いつから仕事を始められるかは、人によって異なります。少しでも早く働き始めたいという人もいれば、すぐには働けない人もいるでしょう。気になる求人があっても、即日が当日を意味するのか、それとも3日以内なのか、1週間以内なのかによって、事情が異なってきます。

そこで今回は、即日の意味と派遣登録から就業までの期間やメリット・デメリットなどについて解説します。

即日スタートできる仕事をウィルオブで探してみては?まずは派遣登録をして相談を
「お金がない」「仕事がなくて不安」など様々な理由で即日スタートできる仕事を探されている方におすすめするのが派遣会社の「ウィルオブ」です。

派遣は、派遣会社への登録が必要となりますが、担当者があなたをサポートしてくれるので、即日スタートの仕事があるかを相談することもできます。しかも、希望条件を話しておけば、条件に合う仕事を紹介してもらえるので、安心して仕事を探せますよ!
『ウィルオブ』へ相談や登録はこちら

即日っていつから?


派遣の求人情報を検索すると「即日」というワードをよく見かけます。そこで疑問に思うのが、即日とはいつのことなのかです。辞書で即日の意味を調べると「すぐその日のうち。当日」と書かれています。その意味のとおりであれば、すぐにでも仕事を始められなければ応募できない印象があります。はたして、実際のところはどうなのでしょうか。

実は、即日が指す範囲は意外と広範囲です。本当に急募の求人で、明日にでも働いてほしいという場合もあれば、来週からでも可能なケースもあります。つまり、「即日」と記載されている仕事であっても「今すぐに働ける人しか紹介できない」わけでもないのです。派遣会社によっても即日の捉え方が異なるので、気になる案件があるなら、直接問い合わせてみてもいいでしょう。

ただし、タイミングよく明日から働ける状況だとしても、すぐに仕事を始められるわけではありません。派遣の仕事を始めるには、あらかじめ派遣会社で「登録」を行うことが前提となります。さらに、派遣登録から採用に至るまで、いくつかのステップがあります。

以上を踏まえると、即日とは「派遣登録後、翌日〜10日以内に就業開始となる仕事」になります。

裏を返せば、派遣会社への登録を済ませておかなければ、せっかくの仕事のチャンスを逃してしまう可能性もあるということです。すぐに働くことを希望しているのであれば、できるだけ早く登録を済ませておくことをおすすめします。

派遣登録から仕事を始めるまでの流れ


派遣社員として働くためには、まず派遣会社の登録会に参加する必要があります。

派遣登録方法については、こちらの「派遣会社への登録手順を解説!面談・面接から就職までの流れや注意点とは」でもくわしく解説をしているので、あわせてご覧ください。

それでは、派遣会社によって細かい部分は異なりますが、派遣登録から仕事を始めるまでの一連の流れを解説していきます。

登録会参加

登録会での所要時間は2〜3時間程度を見込んでおくといいでしょう。なお、登録会への参加は事前にWEBか電話で予約が必要になります。

登録時に持参するものは、本人確認ができる身分証明書(保険証や運転免許証など)、履歴書、職務経歴書、印鑑、給与振込用の口座などです。派遣会社によって異なりますので、予約時に確認しておくと確実です。

登録会に行くときの服装は、特に指定がなくてもスーツかオフィスカジュアルが望ましいでしょう。きちんとクリーニングされた清潔感のあるものを着用してください。ジーンズやTシャツなどの遊びに行くような格好はNGです。

仕事の説明

派遣会社から、派遣の仕組みや派遣社員として働く際の注意点、福利厚生や社会保険についての簡単な説明があります。わからないことがあれば、質問しておきましょう。

スタッフ登録

あなたのプロフィールや職歴、希望職種や業種を登録します。派遣会社によっては、事前にWEB上で登録できるシステムがあります。あらかじめ入力しておけば、当日の登録時間を短縮することができます。

スキルチェック

これまでの経歴をもとに、スキルチェックが行われます。一般的にパソコンのスキルや一般常識をチェックすることが多いようです。タイピング、ワード、エクセルの3つを押さえておくといいでしょう。外国語を使う仕事の場合、語学力チェックが行われることもあります。スキルチェックと言っても、緊張して構える必要はありません。腕試しと思って気楽にトライしましょう。

面談

あなたの登録シートやスキルチェックの結果をもとに、派遣会社のコーディネーターが面談を行います。1対1で話ができるので、仕事に対する希望や条件をしっかり伝えましょう。「派遣で働くのが初めてなので心配」「どんな仕事が向いているのかわからない」などの不安や悩みがあっても、コーディネーターがサポートしてくれるから安心です。正直に自分の経歴やスキルを伝えて、今後の仕事について相談しましょう。

仕事の紹介

登録が完了すると、あなたの希望条件やスキルに合った仕事を紹介してもらえます。希望に合った仕事が見つかれば、登録会当日に紹介してもらうことも可能です。また、コーディネーターが客観的に判断して、おすすめの仕事を紹介することもあります。いずれにせよ即答する必要はないので、よく検討してから返事をしてください。

派遣先企業との顔合わせ

やってみたいと思える仕事が見つかれば、実際に企業を訪問するステップへ進みます。派遣の場合、面接は禁止されていますが、この顔合わせ(職場見学)が事実上の面接になります。緊張するかもしれませんが、ほとんどの場合、コーディネーターが同行してくれるので安心です。

顔合わせでは、派遣先企業の担当者から仕事の説明がされます。これまでの経歴やスキルについて質問されることもあるので、簡単に説明できるように事前に準備しておきましょう。

顔合わせ後の合否連絡は、派遣会社から連絡が入ります。だいたい2、3日から1週間ほどかかることが多いようです。

仕事スタート

採用が決定したら、いよいよ仕事のスタートです。派遣先の担当者の指示に従って仕事に取り組みましょう。

即日の仕事は最短何日で始められる?


派遣会社によって即日の捉え方は異なりますが、だいたい「10日以内」を意味していることが多いようです。しかし、場合によっては必ずしも10日以内にならない場合もあるので、あらかじめ派遣会社に確認しておくことをおすすめします。

1日でも早く働きたいのであれば、事前に派遣会社への登録を済ませておきましょう。ただし、人気のある大企業ほど選考期間を長く設ける傾向があります。すぐに仕事に就けることを最優先にするのであれば、ある程度は希望条件を譲歩することも必要です。

余裕を持って、仕事を始めたい時期の1ヶ月前くらいに手続きを済ませておけば、希望どおりの仕事に就くこともできます。

即日勤務ができる確率が高い仕事

即日で仕事をしたい方は、なるべく早くに働きたいと思われている方でしょう。ですが、先述にあるように、即日といっても10日以内なので、仕事によっては勤務するまでに10日かかることもあるのです。

そこで、より早く働ける確率が高い仕事について紹介させていただきます。

簡単な作業が多い軽作業

すぐに仕事を覚えられ、単純作業を行うことが多い業務に多く見られます。
たとえば、工場のライン業務や、梱包などの軽作業があります。軽作業の業務には、人手が多く必要とすることもあるので、さまざまな業種で求人を出すところが多いのです。

また、内容によっては力を必要としない、時短勤務が可能、服装も作業着に着替えるので自由、人前に出ることもほぼないので髪型も自由なので、女性にも人気なんですよ。

安定して求人が多いコールセンター

コールセンターは人手が必要であるため、求人の数は多くあります。
業務で電話を受ける(インバウンド)か、電話をかける(アウトバウンド)で好みは分かれるかもしれませんが、そこは担当の方と相談をすることで解決します。

電話越しの業務となるので、服装や髪型、ネイルも自由です。
ですが、人と対面しない代わりに、言葉遣いが重要になります。このあたりは、派遣先のやり方や方針に従うようにしましょう。

空いた時間にできるポスティングやティッシュ配り

作業は決められた地域で広告物を配ることなので、覚えやすく、すぐに始められるので、こちらも即日での開始が多い仕事となります。

ですが、ポスティングでは指定された地域にある家のポストに広告を入れる、街頭に立って声を掛けながら広告やティッシュを配ると言った仕事は体力がいります。
そして、街頭に立つ場合は、人から無視されたりすることが多いので、根気がなくては続けられません。

即日業務のメリット・デメリット

即日で働ける業務は、すぐに働けて良いなと思われるかもしれません。ですが、すぐに働くことはメリットだけでなく、デメリットとなる部分もあるのです。

事前にメリットやデメリットを知っておくことで、自分に合う働き方を知ることができます。

メリット

まずは、メリットについて話していきます。
即日の業務を探している方にとってどのように良いことがあるのかを知り、効率良く自分に合う仕事を探していきましょう。

早くに仕事を始められる

即日業務の特徴として、作業が簡単だという点があります。
そのため、指導する時間も短く済むので業務開始までの時間を早めることができるのです。

ですが、即日として求人を出しているところによって、簡単な業務の度合が変わってきます。求人内容や担当者との相談をしっかり行い、自分に合った業務を見つけることが重要です。

未経験者を受け入れてくることが多い

企業側からすれば、早くに人手が欲しいという大きな理由があります。そのため、未経験でも雇ってくれるところが多いです。

未経験でも仕事ができるので、色々なことに挑戦することができます。

即日業務だからといって早く働くことを目的とするのではなく、色々な仕事に挑戦できるからこそ経験を積んで自分の成長へと繋げていきましょう。

早くに給料をもらえる場合がある

即日の仕事は、多くの人に早く働きに来てほしいということもあり、求人によっては色々な調整が利く場合があります。
たとえば、シフト調整や時短、服装や髪型なども対応してくれる企業があるのです。

中には、日給対応をしてくれることもあるので、早くにお金が欲しい方にはおすすめとも言えます。

給料についてもしっかり担当の方と話し合い、自分に合う仕事を選んでください。

デメリット

急いで仕事をしたい方にとってのメリットはとても大きなものですが、しっかり仕事を選ばないと自分が大変な思いをすることになってしまいます。

すぐに仕事を任されてしまう

簡単な業務を任されることが多い即日業務ですが、簡単だからこそのデメリットともいえるのが、仕事をすぐに任されることです。

人によってはその方が良い場合がありますが、初めての業務でなかなか覚えられない方にとってはかなりの負担となります。

業務内容をしっかり確認し、自分にできるかを吟味していきましょう。

仕事がキツイ可能性がある

即日の求人を出す仕事は、常に人手が足りない……つまり、離職率が高い場合があります。
離職理由は仕事によって異なりますが、仕事がキツイという理由で離職者が多いと長く続けられるかを担当者と相談しつつ決めなくてはなりません。

ですが、仕事がキツイものには給料が高いという傾向もあるため、自分がどこまでできる可をよく考えて仕事を決めてください。

今すぐ働けなくても派遣登録できるの?


派遣の仕事を探していても、なんらかの事情ですぐには働けないという人もいるかもしれません。その場合でも派遣登録できるのでしょうか。結論から言うと、今すぐに働けなくてもスタッフとして登録することは可能です。

たとえば、他の会社に就業中に派遣登録しても何ら問題ありません。一般的な企業の就業規則では二重就業が禁じられていますが、派遣登録するだけなら二重就業に該当しないからです。実際に、転職活動に備えて在職中に派遣登録をしている人もたくさんいます。

登録時にいつから働けるかを担当者へ伝えておくと、タイミングよく仕事が見つかる可能性があります。

まとめ


求人情報に載っている「即日」の意味は、派遣会社によって異なりますが、だいたい10日以内を意味していることが多いようです。派遣の仕事を始めるためには、あらかじめ派遣会社でスタッフ登録を行う必要があります。少しでも早く仕事を始めたいのであれば、事前にスタッフ登録を済ませておくことをおすすめします。

反対に、今すぐ働けない場合でも派遣登録することは可能です。タイミングよく希望の仕事を見つけるために、余裕を持って早めに準備しておきましょう。

参考サイト:

早く仕事をしたいけどどんな仕事がある?即日勤務の仕事についての相談はウィルオブに
即日スタートの仕事を探していても、最短で派遣登録後の翌日からとなります。最長でも10日程なので、より早くに仕事を始めたいのであれば、早めに登録をしておくことがおすすめ。
すぐに始められる仕事として多いのが、人手が必要な工場勤務やコールセンターです。ですが、他の業種でも即日スタートの仕事があるかもしれないので、一度派遣会社に相談をしてみてください。きっと、自分に合う仕事が見つけられますよ。
“ウィルオブ”へ相談や登録はこちら