土日のみの派遣出勤が可能?休日にできる仕事で生活との両立を!

出勤日が固定になりがちな正社員と比較すると派遣社員は自由度が高い傾向にあります。職種によって必要な勤務日数や勤務時間などもさまざまな選択肢があります。その中でも、最近増えてきているのが「土日のみ」勤務の派遣社員です。 
平日は学校に通ったり、家事や育児をしたりしている人でも土日のみという固定シフトであればある程度の収入を得ることが可能になります。 
今回は、自由度が高い土日のみの派遣社員について、ご紹介します。 

土日のみの派遣にはどんな業務がある? 

土日のみの派遣社員の業務としては、事務・コールセンター・サービス業・軽作業や福祉関連の業務などが挙げられます。サービス業は平日が休日であることが多く、土日は客足が伸びて忙しくなることが多いため人手が必要になります。サービス業以外でも、土日を問わず業務を行う仕事は多いので、様々な業務から選ぶことが可能となります。 

未経験でも大丈夫な業務も多くあるため、一度どんなものがあるか検索してみましょう。さまざまな業務や就労時間など雇用条件の中から、自分に合った業務を見つけることができるはずです。

土日のみ派遣で働くことのメリット 

土日のみの派遣社員の最大のメリットは、平日は勤務しなくていいということです。
例えば、週末や休日には混雑が予想されるレストランやレジャースポットなども、平日では空いている可能性が高くなります。これは旅行でも同様であり、交通機関や宿泊施設などの料金が下がる傾向にあります。
同じサービスを受ける場合でも、土日より平日の方がサービスの質が高く料金が安くなりやすいという共通点があります。 

飲食店やアパレル店などに勤めている休みが不規則な人と休みを合わせやすいというのも、メリットとして挙げられます。サービス業で働いている人は平日が休みのことが多く、土日しか休みがないとなかなか予定が合わせられません。周囲の方の休みが平日に偏りがちな場合、予定を合わせやすいというメリットが土日のみの派遣では生まれます。 

土日のみの派遣が合うライフスタイルの特徴 

土日のみ派遣で働くことが合うのは以下のようなライフスタイルの人といえます。 

平日にやることが多い(家事・育児・学校など) 

平日にやることが多くて時間が取れない人には、土日のみの派遣がおすすめです。平日は家事や学校などで忙しくて働く時間が取れないため、なかなかアルバイトに手を出しづらいという人も多いです。
平日は忙しいから働けないと諦めている人でも、土日なら働くことが可能です。 

固定のシフトでこつこつ収入を得たい 

シフトを固定して安定した収入を得たい人にも土日のみの派遣はおすすめです。土日が特に忙しいサービス業などでは、土日のみ働いてくれる人を求めていることも多い傾向にあります。
週に2日といっても、派遣社員であれば通常のアルバイトより高額な時給であるため、ある程度の額になります。固定のシフトでライフスタイルに合わせて無理なくこつこつ稼ぎたい方には、土日のみの派遣がおすすめです。 

周囲にサービス業の人が多い 

周囲にサービス業の友人や家族が多い人にも土日のみの派遣はおすすめです。サービス業で働いている人は、どうしても繁盛しやすい土日よりも平日が休みになりがちです。休みが土日だけでは予定が合わないことも多いでしょう。
サービス業の人が周りに多いのであれば、土日のみの派遣で働くことで予定を合わせやすくなるのでおすすめです。 

扶養内での収入を得たい 

年間の給与収入が103万円を超えないように、扶養内での収入が得たい方にも土日のみの派遣はおすすめです。1週間当たりの所定労働時間が20時間以上でなければ、雇用保険の加入条件に該当しません。土日のみの就労であれば週に20時間以上の労働となることはほぼないため、社会保険に加入することなく就労できます。
そのため、給料から社会保険料を天引きされることがなく、給料を日給や時給通りもらえる嬉しさがあります。扶養内での収入を得られる仕事を探している人には、土日のみ派遣で働くのがおすすめです。 

正社員でも土日だけ派遣として働ける? 

正社員雇用をされている企業が就業規則で副業を禁止している場合には土日だけであっても派遣として働くことができません。ですが、ダブルワークを許容している企業であれば派遣社員として土日に就労することは可能です。
正社員が派遣社員として就労する場合には3つの注意点があります。 

確定申告は自分で行う必要がある 

2カ所以上から給与の支払いを受けている人は自分で確定申告を行います。確定申告を行う際には、正社員として働いている会社から発行された源泉徴収票と、派遣社員として働いている会社から発行された源泉徴収票の両方が必要です。手続き上の手間も正社員のみの際と比べて多くなりますので、注意しましょう。 

心身の負担が強い 

正社員として働きながら土日も派遣で働けば、心身への負担が大きくなります。通常、正社員として平日5日間働くだけであれば、土日は体を休めることができます。しかし、正社員で働く上に土日も働くと休日がなくなってしまいます。そのため、体力に自信の無い人にはあまりおすすめできません。 

また肉体的な疲労だけではなく、休みなく毎日働き続けるのはやはり精神面での負担も大きくなります。これまでのように「金曜日まで働いたら明日は休み」という習慣が崩れてしまうのはなかなか大変なことです。
正社員で土日にも派遣で働く場合には、肉体的だけではなく、精神的にも負担の少ない仕事を探した方がいいでしょう。 

派遣先企業が限られる 

土日のみの派遣社員を求めている企業自体は多く存在します。しかし、雇用する側としては、急なシフトや仕事に対応できるように、正社員でない人を求める傾向が強いです。いくら土日の就業に問題がないとはいえ、正社員が派遣社員として雇用されるには不利な面もあるのです。
職種で見ると、ダブルワークを認められる企業はIT関係や専門職に多い傾向にあります。副業として派遣社員を考えているのであれば、ダブルワークを認めてもらいやすい職種から探すのも1つの手です。 

まとめ 

土日のみの派遣社員は、正社員と比較すると自分のライフスタイルや事情を優先しながら働くことができます。正社員のように週に5日働くとなると、どうしても自由なライフスタイルより会社のスケジュールを優先せざるを得ません。
しかし週に2日のみの固定勤務であれば、より自分の希望するライフスタイルに合わせて働くことができます。土日のみの派遣社員といってもさまざまな業務があるため、自分にあった職種で納得のいく働き方を追求してみてはいかがでしょうか。 

参考サイト: