採用される人がやっている、バイト面接で採用されるための9個のコツ

時給がよかったり、人気のお店だったりなど、「ここにだけはどうしても受かりたい!」と思うバイトがありますよね。競争率の高いバイトに応募するなら、いつも以上に面接に力を入れる必要があります。憧れのバイトに難なく採用される人がやっている、バイト面接で採用されるためのコツをお伝えします。

採用されやすい人とされにくい人の差は存在する

たとえ履歴書の内容が同じであっても、バイトで採用されやすい人と、されにくい人の差は存在します。「今回は、履歴書を先輩に見てもらって、OKが出たのにおかしいな…」なんて経験のある方もいらっしゃるのではないでしょうか。

実はその採用されるか採用されないかの差は、面接にあります。履歴書だけではなく、「どうして、同じバイトなのに、友達は採用されて、自分は受からないの?」と悔しい思いをしたことはありませんか。

この記事を参考にして、好印象を与える面接のコツをマスターし、人気のバイトに採用されるようにしましょう!

バイト面接で採用されるためのコツ9個

前もって面接会場までの道順を調べておく

基本的なことではありますが、面接会場までの道順は、面接当日までに前もって調べておきましょう。「近所のようだし、適当な時間の電車に乗っても間に合うだろう」と、電車に乗ってからスマホで道順を調べるようなユルい姿勢でいませんか。

いつなんどき、アクシデントが起こるかわかりません。故障などで電車が止まるかもしれませんし、スマホが突然使えなくなるかもしれません。スマホが使えても、電波の届かないスポットがあって、地図アプリが使えず迷子になるかも知れません。

ですから、面接会場までの道順は必ず前日までに調べておきましょう。たとえ雇用形態がアルバイトだとしても、企業は一社会人としてあなたを迎え入れることになります。

「何とかなるでしょ」といった姿勢で臨んでもし遅刻してしまったらお話になりません。遅刻しないまでも、ギリギリの時間に到着し、焦りがまだ残る気持ちで面接に臨んでも、ベストな受け答えはできないでしょう。

誰もが採用されたくて訪れている面接会場で、一人だけ到着したばかりで息が切れている状態では、仕事をするまでもなくどのような働きぶりをするか採用担当者は感じ取ってしまうでしょう。このような行為は自分にとってマイナスでしかありません。

早めの到着、5分前の訪問がベスト

前日までに面接会場までの道順を調べたら、なるべく早めに到着できるよう、タイムスケジュールを組みましょう。30分前までに最寄り駅などへ着き、会場の確認をしてからカフェなどで時間を潰すというような余裕が理想的です。

カフェなどで落ち着くことができたら、これまでの学歴や職歴、志望動機やこれからどのような姿勢で働いていきたいと考えているかといった内容を頭のなかでまとめておきましょう。

そうすることで、面s熱の質問に対しても焦ることなく落ち着いて答えられるでしょう。なお、早めに到着したからといって、そのまま訪問してしまうのはやめましょう。

そのぶん、採用担当者を焦らせてしまうことになりますし、早く到着したからといって遅刻するよりも良い印象を与えられるわけではなく、むしろ同様に「時間を守れない」というレッテルがついてしまいかねません。10分前、できることならば5分前の訪問がベストです。

早めに到着することを考えると、最寄り駅近くで昼食をとったほうが良い場合があります。その際は、口元のエチケットに気をつけましょう。

個室のトイレで歯磨きができれば最高ですが、できないときのためにも、糸ようじや口臭スプレー、ガムなどを忘れずに携帯します。

歯にノリがついていたり、先程まで飲んでいたコーヒーのニオイがするようでは社会人の最低限のマナーが守れるかどうかの印象が損なわれます。トイレに行く際には必ず鏡の前に立って自分の姿をチェックしておきましょう。

清潔感のある髪型、服装をする

服装や髪形は、清潔感を意識しましょう。服装は、明るい色のワイシャツやニットとし、派手なカラーやデザイン、ラフなTシャツは避けます。

採用という観点では、できることならば襟付きのトップを着ることをオススメします。また、意外とよく見られているのが靴です。ピカピカに磨いておき、面接の直前にも、泥はねなどがないかチェックします。

磨いてある靴と磨いていない靴では一目瞭然ですし、その面接に向けた真剣度合いが図られるポイントでもあります。

髪型は、いつもはダウンヘアーがお気に入りでも、面接のときばかりはタイトにまとめましょう。前髪が長いようなら左右に分けて、表情がきちんと見えるようにします。

切れ毛が目立つならオイルやワックスでなでつけ、きちんとしたヘアスタイルを心がけます。いくら流行っているからといっても、常識よりもファッション性を重要視しているような印象を与えてしまうと、採用にはマイナス要素となります。

身だしなみにおいて、男性が忘れがちなのがハンカチです。外出先ではシャツやセーターの裾周りがハンカチ代わり…なんて人はいらっしゃいませんか。

どんなに清潔感のある服装をしていても、シャツの裾が濡れた状態では、いつものだらしなさがすぐにばれてしまいますよ。

また、男性女性問わずトイレで洗った手で髪の毛を整えてごまかす人が見受けられますが同様に髪の毛で拭いたことがバレバレですし、ハンカチを持ち歩いていないこともバレバレです。

鏡で身だしなみを整えてからチャイムを押す

駅から数分歩くだけでも、意外と髪が乱れるものです。顔にちょっとしたゴミがついているかもしれません。面接会場に到着したら、訪問のチャイムを押す前に、鏡を探しましょう。近くにトイレがあったらラッキーですし、ないときのためにも小さな手鏡を携帯しておくと便利です。

椅子には背筋を伸ばし、足を揃えて座る

面接中に「おかけください」と椅子をすすめられたら、「ありがとうございます」と一礼してから椅子に座ります。大事なのは、椅子に座ってからの姿勢です。姿勢が悪いと、この先どんな質問にどう受け答えをしても、だらしない印象を与えてしまいます。

椅子の背にもたれかからず、背筋を伸ばして座りましょう。足は、女性であれば膝を揃え、男性はサッカーボール1つぶんほど足を広げて、膝と並行になるように足先を揃えましょう。ガニ股、内股にならないよう注意します。

手は、女性であれば右手の上に左手を重ねて組みましょう。男性であればこぶしにして両ひざに揃えます。

面接官の目を見て話す

受け答えをするときには、面接官の目を見て話します。目をそらしてしまうと、「こちらのいうことがきちんと伝わっているのかな?」と、相手を不安にさせます。

笑顔を意識する

ほんの少し口角を上げるていどの笑顔を練習し、面接に活かしましょう。それだけでも、明るい印象を持たれます。一方で、表情が硬いと暗い印象を持たれてしまいます。

質問にハキハキと答える

質問には、ハッキリしっかり答えましょう。わからないことはハッキリと「わからない」と答えて構いません。返事があいまいだと、「この人は、きびきび働いてくれそうにないな」と思われてしまいます。

ネガティブなことを言わない

以前やっていた仕事が辛かったとか、人間関係で苦労したとかといった、ネガティブな話はNGです。「だから、御社の素晴らしい環境でお仕事したい」という志望動機につなげたいのかもしれませんが、単に愚痴ととらえられてしまい、メリットはありません。

たとえば、「前の仕事は体力勝負でついていけず、机の上でできる楽な仕事を探していました」などと話してしまうと、「この人にはスタミナがないのかな」と受け取られてしまいます。前の仕事のことには触れず、「机でじっくり取り組む仕事が自分にあっていると思い、志望しました」などとポジティブ変換しましょう。

バイト面接に落ちてしまう人の理由は?

前述した9つのコツをしっかり守れれば、高い確率で合格することができますが、思わぬところで不採用となってしまうケースもあります。そんなケースを見ていきましょう。

面接でよく聞かれる質問に対して事前準備できていない

9つのコツの中で、わからないことはハッキリと「わからない」と答えて構わないと言いましたが、わからないばかりでは逆に「この人に任せられないな」と心象を悪くしてしまいます。そうならないために、面接でよく聞かれそうな質問に関しては事前に準備をしておきましょう。いくつか例を出しますので、参考にしてみてください。

質問①どうしてこの仕事を選んだの?

回答①事務職「黙々と作業をするのが好き」/接客業「人と接するのが好き」「こちらのお店の接客が好きで働きたいと思った」

どの職種であっても、この質問をされることが多いです。ここでの回答でのポイントは、自分のアピールと企業や店舗に興味があることを絡めることです。なぜその企業を選んだのか、そこでなければならないということを告げることでより良い印象を与えることができます。

逆に、悪い回答は「家から近い」「時給がいい」などといった条件的な部分だけだと、その企業でなくても条件が合えばどこでもいいのか、という印象を与えてしまう可能性があるので気を付けましょう。

質問②今までの仕事経験は?

回答②経験あり「以前は飲食店のホール業務をしていましたが、簡単な調理もやっていました」/経験なし「未経験ではありますが、早く覚えるよう頑張ります」

前職と同じ職種を希望するのであれば、その時の業務をなるべく詳しく言うことで、得意分野やできる仕事をアピールすることができます。また、未経験であっても似た職種であれば生かせそうなスキルをアピールし、まったく経験がない場合でもやる気や熱意を見せることで良い印象を与えることができます。

質問③あなたの長所と短所は?

回答③「長所は人と接することが好きで、明るく元気なところです。ですが、落ち着きがないのが短所です。そのため、何かをする前に一度深呼吸して落ち着こうと心がけています」

自分の長所と短所などを言葉にするのは意外と難しいものです。ここでのポイントは、自分の長所と仕事を絡めることです。仕事と全く関係ないPRでも良いのですが、できれば仕事と絡めた方が相手に「この仕事に向いている人なのかもしれない」と印象付けることができます。また、短所も長所と関連付けると話しやすくなります。短所となる部分に対する改善や対処方法もあるとさらに良いでしょう。

質問④いつから、どのくらい働けますか?

回答④「来週の月曜日から可能です。平日であれば10時から18時まで働けます」

勤務開始日はなるべく早い方が採用側から見れば助かりますが、自分に無理のない日時を伝えましょう。勤務時間についてもなるべく詳しく伝えるとスムーズにスケジュール調整も進みます。

質問⑤ほかに質問はありますか?

回答⑤「採用していただいた場合ですが、配属される部署での仕事内容を教えていただけますか?」

面接をしていて質問する内容がない場合には「求人情報や説明がわかりやすかったので、質問は特にありません」でも大丈夫です。ですが、企業ホームページや求人情報を見ただけではわからない部分や、自分が採用された場合に気になるところなどを事前にメモをしておくことをおすすめします。面接官に仕事への意欲があると好印象を与えることができます。

逆に仕事とは関係ないものや、面接の中で説明していたことを質問してしまうと悪印象を与えてしまいます。そうならないためにも、しっかりと事前に調べておきましょう。

仕事に関することや自己PRなど、事前に準備できる内容は多くあります。

よくされる質問や好印象を与える回答については以下のページでも説明していますので、併せてご覧ください。

【参考】

バイトの面接でよく聞かれる質問対策!好印象を与える答え・回答例をご紹介

逆質問の準備をしていない

よくある質問の例題にも出しましたが、こちらから面接官へ質問をする「逆質問」の準備は大切です。どれだけその企業や店舗で働こうとする意欲があるか、仕事にちゃんと向き合おうとしているかなどの判断材料となります。また、仕事を始める前に不安に思うことを解消しようという企業側の親切心でもありますし、よりスムーズな業務を図ることができます。

ですが、質問の中でも心象の良い質問・悪い質問があります。わかりやすく質問例を挙げていきましょう。

良い質問例

「働き始める前に何か準備や勉強をしておいた方がいいことはありますか?」

「繁忙期はいつですか?その時期を意識して予定を空けておきたいと思います」

「仕事上で必要となるスキルや資格はありますか?」

 

これらの質問は、どれも仕事に対して前向きな姿勢であったり、入社後の自分がイメージしやすくなるようなものになります。やはり、採用するならやる気のある人がいいと企業は思っています。この逆質問で面接官に好印象を残していきましょう。

どういった質問がいいのか、考えるポイントとしては、もし自分が面接官になったとしたらどういった人材を採用するかをイメージするのもいいかもしれません。

悪い質問例

「月にどのくらい稼げますか?」

「仕事の内容が全く分からないのですが大丈夫でしょうか」

「長期休暇や休日ってちゃんともらえますよね?」

 

確かに知りたい情報ではありますが、あからさまに条件の部分しか見ていないものや、事前準備が不十分だとわかるような質問はやめましょう。面接官から見ると、仕事への意欲がなく、仕事を任せられないと悪印象を与えてしまいます。もし、聞きづらいことを聞きたいのであれば言い方を変えましょう。たとえば仕事内容がわからないのであれば「採用していただいた場合、事前に勉強しておいた方がいいことなどはありますか?」といったように、少しでも前向きな言い方に変えるだけで印象が大きく変わります。

この逆質問に関しては以下のページでも詳しく説明していますので、併せてご覧ください。

【参考】

バイトの面接の逆質問で好印象を残す質問例とやってはいけないNGと例

履歴書やエントリーシートの記入漏れなどの不備

面接官が初めて目にするのはこの履歴書やエントリーシートです。つまり、これらの書類は自身の「顔」でもあります。ここで何か不備があると、面接官は確認をしない人なのか、注意力がなさそうといった印象を受けてしまいます。

履歴書やエントリーシートへの記入漏れや誤字、書類が汚れている、証明写真の添付ミスなどの不備である初歩的なミスは見逃さないようにしましょう。提出する前に一度確認をすることを習慣づけてください。

履歴書の書き方やマナーなどをまとめたページがありますので、以下の参考よりご確認ください。

【参考】

履歴書に書いてもいい資格ってどんなもの?仕事に関係ない資格まで書くべきなのか?

履歴書で嘘を書くと何がマズイ?嘘を書いてはいけない4つの理由など解説

派遣の求人応募で志望動機は必要?作成時のコツ・例文を紹介

電話やメールでの態度や口調

面と向かっていない場面では意外と素が出てしまうものです。電話やメールで面接官と連絡のやり取りをする際に出てしまう言葉遣いに気を付けましょう。ついフレンドリーになってしまったり、横柄な態度になってしまったりすると、顔が見えない分余計に悪い印象を与えることになります。言葉遣いはもちろん、真摯な態度で受け答えをしていきましょう。

ですが、メールの文章となった場合、件名や書き出しなどはどう書いたらいいかわからない人が多いのではないでしょうか。そこで、以下のページでメールの書き方を紹介していますので、自分の書き方は大丈夫かをご確認ください。

【参考】

バイトの応募メールで失礼に思われたくないという人に教えたい書き方と例文を紹介

バイト面接時間に関する疑問と解説

バイト探しで同じ日に2か所面接を受ける、面接以外に予定があるといったときに知りたいのが面接でかかる時間ではないでしょうか。実際に面接に関係してくる時間について解説していきます。

面接会場に何分前に着くのがベストか

社会人としての基本ですね。面接会場には、約束した時間の5分から10分前に着くのが良いでしょう。面接会場までの移動時間が1時間と長めであれば、何かトラブルがあって遅れてしまう可能性も考え、最寄り駅に早めに着く設定をしておくのがベストです。

もし、30分前など早い時間に着いてしまった場合は約束の時間5分から10分前になるまでどこかで待機しましょう。早い時間に面接会場に入ってしまっても、面接官を困らせる可能性があります。なるべく約束通りの時間に入るよう心がけましょう。

移動中にトラブル!慌てず面接担当者へ連絡

移動時間が長いと、それだけトラブルの影響で遅れる場合が多くあります。早めに出ても事故の影響などで面接時間に間に合わないといったことになるかもしれません。そんなときは、慌てずに面接担当者へ連絡を入れましょう。この連絡先は、求人情報や面接日程を設定した電話やメールで前もってメモしておくと便利です。

どうしても行くまで時間がかかりすぎるとわかった時点で面接の日程を変更してもらうのも一つの手段です。会社へ謝罪をし、面接日程の変更を頼むと場合によってはその熱意が伝わり、変更してもらえる可能性があります。間違ってもドタキャンなどといった連絡もなく逃げることをしてはいけません。

面接の時間はどのくらいかかるか

面接時間については、会社によって大きく変わりますが、平均的には30分前後と言われています。長くても1時間ほどです。ですが、派遣の場合は派遣登録会の時間も入れて2時間かかることも。

一日で2か所面接を受ける場合はこれらの時間を目安に、余裕をもって予定を立てると良いでしょう。

コツを押さえれば採用される可能性が高くなる

面接のコツさえわかれば、採用される可能性は一段と高くなります。ちょっとした工夫で採用されるなら、試す価値はあると思いませんか。次の面接では、ぜひ試してみてください。

おわりに

面接において一番大事なのは、「御社で働きたい」という気持ちです。紹介したコツの全てが、誠実な気持ちを伝えるマナーにつながっています。あなたの誠意が採用担当者に伝わるよう、準備を万全にして面接へ行きましょう!