派遣社員で住宅ローンは組める?将来のために今から知っておこう!

家を買おうと考えたときに利用する人も多い、住宅ローン。35年など、長い期間をかけて返していくことになるため、返済し続けられるという信頼がなければ、審査を通らないこともあります。派遣社員として働きだした人の中には、「派遣でいる以上は住宅ローン審査に通らないだろう」と思う人も多いのではないでしょうか。そんな派遣社員の住宅ローン事情について、そもそも借りられるのか、借りられるのであればどのような点に注意すればいいのかをまとめてご紹介します。念願のマイホームを最初から諦めることなく、ぜひ参考にして頑張って手に入れてみてください。

派遣社員は住宅ローンを組めるのか

派遣社員で家を購入すると聞くと、無謀だと考える人も多いかもしれません。しかし、非正規雇用者数が正規雇用者よりも多い現状では、非正規雇用の人でも住宅ローンが組めるよう、サービスを展開している銀行が多くなってきているのです。 住宅ローンの仕組みについては次の章で詳しく説明しますが、一般的には年収・勤続年数・勤務先企業規模・過去も含めてクレジットの延滞があるかどうかなどの情報を元に審査を行います。正規雇用よりも厳しい基準であることも多いですが、借りられないことはありません。派遣社員だから無理と簡単に諦めず、マイホームを手に入れるためにぜひ参考にしてみてください。

住宅ローンの審査が通りやすくなるポイント

先程も簡単にご説明しましたが、住宅ローンを組むために必要な情報としては、年収・勤続年数・勤務先企業規模・過去も含めてクレジットの延滞があるかどうかなどがあります。何をどこまで情報提供する必要があるのか、そして審査を通しやすくするポイントについても詳しく解説していきます。

信用情報の提供

まずは返済できるかどうかの基準になる、年収・勤続年数・勤務先企業についてです。大手であれば零細企業に勤めている人に比べ、倒産などで急に職を失う可能性が低い、勤続年数が長ければ雇用が不安定になる心配がない(急に解雇される危険性が少ないと考えられる)、年収が高ければここから急激に収入が下がり、返済不可能になることがないなど、銀行にとってさまざまな安心材料を得ることができる情報といえます。 また、過去にクレジットでの延滞があるかどうかについてですが、過去クレジットの使いすぎでカードが止まったことがある、あるいはキャッシングなどを使ったことがあるという場合は信用度が下がる可能性が高いです。こういった情報を集めることで、その人に返済能力があるかを審査してお金を貸すかどうかを判断するのです。

口座を持っているかどうか

あなたが借り入れを考えている銀行側としては、お金がどのくらい入ってきてどのくらい出ていっているのかを把握することが重要です。審査を通しやすくするためには、住宅ローンを借りる予定の銀行にメインとなる口座を作り、できるだけ長く利用するとよいでしょう。銀行側も、お金の流れを把握できれば、返済できる程度の余裕があるかどうかを確認できるため、安心できるはずです。

頭金を貯金する

審査を通りやすくするためには、できるだけ借入額を少なくすることが重要です。つまり、最初の頭金を多く貯金しておき、借入額を少なくするということです。これは、住宅自体の価格を安くすることでもカバーできます。都心から離れる、築浅ではない物件、駅から遠い物件を検討するなどが考えられます。 頭金は物件の1割程度が目安といわれていますので、これをひとつの軸として考え、貯金額を決めてみるのもよいでしょう。

住宅ローンの審査とは

住宅ローンの審査では借り入れをする側が情報提供をしてから、「その人に本当に返済する能力があるのか」を銀行が審査します。審査を受ける前に、どのような項目が審査に引っかかりやすいかを解説していきます。

クレジットカードの延滞

クレジットカードの利用分を引き落としされるときに口座にお金がない場合、次に口座にお金を入れるまで支払いが延長されることを延滞といいます。つまり、クレジットで使ったお金を把握せずに口座にお金がない状態にしてしまったということです。自分自身のお金の流れを把握できていない場合にそうなるため、返済する力がないと思われてしまう大きな要因といえます。

カードローンなどの利用状況

同じく、入ってくるお金と使うお金のバランスが取れなくなってしまった場合、カードローンなどを利用する人もいます。クレジットカードのキャッシングよりも金利が安く、すぐに借りられて便利なため、利用する人も多いですが、注意が必要です。

クレジットカードの多さ

クレジットカードを作る場合、キャッシング枠をどうするかという部分に記入をする場合もありますが、クレジットカードをいくつも作っていると、借り入れ件数としてカウントされてしまい、審査が通りづらくなることもあります。

自分がこのようなポイントに当てはまっていないかをよくチェックし、もし現在利用している、あるいは使っていないクレジットカードが多いという場合は、解約することも検討してみてください。

住宅ローンを申し込む際の注意点

では最後に住宅ローンを申し込む際に気をつけるべきポイントを解説していきます。人生で一番大きな買い物ともいえる住宅購入こそ、失敗するとリカバリーが効きづらいです。下記の点に十分注意をして、購入を検討しましょう。

物件から見始めない

住宅購入を考えたとき、まずはどんな物件があるのか見てみたいという思いから物件を見始めてしまう人も多いです。しかし、物件を見始めてしまうとよりよい物件を見るようになってしまいますので、やめておきましょう。生活レベルを落とすのが難しいように、一度見た住宅のレベルよりも落として検討するのは非常に難しいです。

収入から購入物件を考える

物件を見ることからではなく、自分の収入から購入できる物件を検討しましょう。現在の収入で家賃にあてている費用よりも低い金額で見積もらなければ、修繕費などの費用がいずれ捻出できなくなります。今は年功序列で収入が右肩上がりに増えていく時代ではありません。それは派遣社員として働くのであればなおさら。あまり楽観的な収入計画を立てるのはやめて、今の収入でもやっていける計画を立てましょう。

無理に借りようと金利の高い金融機関を選ばない

住みたい物件を見つけたけれど、収入計画からはかなり背伸びしなければならないという場合は、借り入れ審査が通らない場合もあります。そんなとき、金利の高いところから借り入れをしようと考えるかもしれませんが、絶対にやめましょう。年齢が高くなって収入を伸ばすことができなくなった頃に金利の高さによって不安定な生活を強いられる可能性もあります。大切なことですので無理をせずに安全な方を選ぶことが将来の幸せを作ってくれるはずです。

まとめ

「派遣社員で住宅ローンを組むのは無理」と最初から諦めていた人でも、きちんとした手順を踏めば不可能ではないことをご紹介しました。もちろん、借り入れをする前に契約内容を確認するなど注意すべき点はありますが、借り入れをして家を購入することは可能です。自分の夢であるマイホームを手に入れるためにもぜひ参考にしてみてください。