このスキルで採用される?事務職に求められるもの

事務職の仕事は派遣で募集している企業も多くあるので、応募してみたいと思った経験がある人もいるでしょう。そんな事務職では仕事をするにあたってパソコンを使う機会が多くあるので、よく使われるソフトのワードやエクセルなどのスキルや経験を求められることもあります。

そこで事務職経験者に事務職員の面接の際に、ワードとエクセルのどちらのスキルを主張すると採用されやすいのか、アンケートで聞いてみました。

2

データ作りにはエクセルが不可欠!?関数を使えるかがカギ??

アンケートの結果、エクセルがかなり多い結果となりました。

・ワードは基本的なスキルがあればたいていのことはまかなえるが、エクセルはさまざまな業務で応用でき、重宝されるから。(40代/女性/自由業・フリーランス)

・エクセルの関数を使いこなせれば、相当いろいろなことに応用できるから。(40代/男性/会社員)

・ワードももちろん大切だが、エクセルを使って資料作成や計算書類なども作らなければいけないから。(20代/男性/自営業(個人事業主))

・資料作成の補助などでデータや数字を扱うことが多いと思うから。(20代/女性/学生)

・これまで働いてきたところは、ワードよりもエクセルのほうが使う機会が多かったので。(30代/男性/会社員)

エクセルには計算書類やデータや数字などの資料作成が多いので、スキルがあるといろいろなデータが作れるため重宝され採用に繋がるようです。使えないと限られたデータ作りしか行えないので、数字やデータの資料作成が多い企業だとエクセルの方が有利なのは頷けます。特に関数を使えると応用もできるという意見があるので、関数がどれくらい使えるのかが重要なのかもしれませんね。

ワードはよく使う!?多くの種類の文章を作成する文章力!

アンケートの結果、少数だったのはワードでした。

・いろいろな書類を作ることが多いと思うのでワードだと思います。(40代/女性/会社員)

・ワードの方が使う機会が多かったので、こちらのスキルがあった方が良いと思います。(30代/女性/パートアルバイト)

・最低、ワードができなければまず無理です。エクセルは、その次です。(40代/男性/自営業(個人事業主))

・文章を読みやすく上手に考えそれを書面にすることが事務職は多いから。(40代/女性/自由業・フリーランス)

・エクセルでの表計算よりもしっかりとした文章力がいかされるワードの方が重宝される(30代/女性/会社員)

ワードでは書類を作ることが多いという意見があり、そういう企業ではそれぞれ文面が異なるのでいろんな文面を作る必要があり、それが作れるかどうかが重要とされているようです。そのため文章を読みやすく上手に考え書面にするといった意見があるように、文章力が重宝されるのも頷けますよね。

またワードができなければ無理というように、文章を作る事務職でワードが出来ないのは逆に採用が難しいのかもしれません。

エクセルはアピールに繋がる!?ワードは必須!?

事務職に採用されるためにアピールすべきはエクセルという意見が多数で、少数はワードという結果でした。エクセルの多くはデータや数字を使う資料作りなどで、いろいろなデータが作れて重宝されるという意見で、ワードは多くの文章を作成するためという意見でした。

事務職ということで資料の作成や文章を多く書くことは多くなることでしょう。その企業によってどちらを求められるかは変わりますが、ただワードの意見にもあったように文章が書けなければ、まず事務職は難しいと言えそうです。なのでワードをマスターしたうえでエクセルもアピールすれば、どんな企業でも採用されやすくなるのかもしれませんね。

■調査地域:全国

■調査対象:年齢不問・男女

■調査期間:2015年12月22日~2016年01月05日

■有効回答数:100サンプル

post_banner