【ウィルオブ社員インタビュー Vol.12】働く人がより良い環境で働くために

ここでは、インタビューを通じてウィルオブ社員の想いをお伝えします。

今回インタビューしたのは
「株式会社ウィルオブ・ワーク コーポレートデザイン室 エントリーマネジメントグループ 勝田愛弓さん」

ウィルオブのビジョンであるChance-Making Company実現のために奮闘する社員です。

――それでは、よろしくお願いします。

勝田さん:
よろしくお願いします。

勝田さんのお仕事とは?

――早速なのですが、勝田さんが担当する仕事内容を教えてください。

勝田さん:
私が担当する仕事は、エントリーマネジメントと言って、求人サイトなどを見てご連絡いただいた方の対応です。
すでに弊社にご登録いただいている方であれば、担当支店のご案内を、まだ弊社にご登録いただいていない方であれば、弊社への登録をご案内します。
主にお仕事をお探しになっている方からのご連絡が中心で、ご希望に沿ったご案内をさせていただく窓口になります。

――大変そうなお仕事ですが、一日にどのくらい対応しているのですか?

勝田さん:
登録のご希望やお仕事に関するお問い合わせを受けるだけではなく、こちらからお電話させていただくものを含めると、1日200件ほど対応しています。

――多いですね! WEBでの登録などは行っていなかったのですか?

勝田さん:
以前は、登録方法が弊社にご来社いただく形しかありませんでしたが、2019年12月から登録方法を増やし、ご来社いただく形以外に、電話登録とWEB登録のご案内を開始しました。

――登録方法を増やしたのは何か理由があるのですか?

勝田さん:
ご登録者の方の中には、WEB上で登録を完結したい方もいらっしゃれば、WEBが苦手で電話でのやり取りの方が安心する方もいらっしゃいます。そのため、さまざまな登録方法が選んでいただけるようにすることが、応募者の方の満足度につながると感じています。

――なるほど、勝田さんのお仕事は大変でもあり、重要な業務だとわかりました。

応募されたい方への勝田さんの対応

――今回お話していただく内容は、応募されてきた方への対応について、ですね。

勝田さん:
はい。応募される方によってお仕事の希望条件が違いますので、対応方法や内容、お仕事紹介担当の取次先も変わってきます。
なので、どのような場合でも、まずはご応募いただいた方の状況やお仕事の希望条件を伺うことにしています。
それにより、対応の仕方や一番適切な取次先が明確になりますからね。

――なるほど。実際に経験した対応などはありますか?

応募条件や応募者様の状況を加味した提案

勝田さん:
そうですね……では、いくつかお話させていただきます。
まず、お子様が長期休暇に入ると同時に働けなくなる期間が定期的にある方の場合です。
最初にお電話を受けた際に、長期休暇を取得できる企業様での就業を希望されていました。ですが、他の派遣会社にも同じ条件で就業先を探してもらっているがなかなか仕事を紹介してもらえない、というお話を聞いて、私から短期勤務の案件で断続的に働ける企業様を探してはどうかという提案をしました。選択肢が広がることで働くチャンスは格段に広がります。最初の窓口の段階でそのようなご提案ができたことで、安心してご来社いただき、無事ご就業いただくことができました。

――仕事の探し方ひとつで変わるものなんですね。最初の勝田さんの提案でその方の働き方のチャンスが広がったということですね。

勝田さん:
また、応募される方の中には、どの条件を選択すればよいか迷われる方がいらっしゃいます。
例えば以前、進学や就職が決まっていて、それまでの短期案件を希望している学生の方が、WEBサイトから長期案件希望でご応募いただいたことがありました。『人材業界あるある』なのですが、長期や短期といった就業期間の定義は、派遣会社やご応募いただく方によって解釈が違うケースがあります。
そういった方には、短期と長期の説明をした上で、短期で就職できる業界や案件の提案をさせていただきます。応募された職種とは別職種であっても提案するようにし、その方に合う案件を見つけるように心がけています。

――応募される方の中にはそういった人もいるのですね……勝田さんのところでそのことが判明していたおかげで、仕事紹介担当者に取り次いだ後に希望していたものと違う!という事態を防げたのではないでしょうか。

勝田さん:
そうだと嬉しいです。私が担当する仕事は、応募された方の状況や希望条件を加味して案内をする業務です。ここで不足があると後でトラブルになりかねないので、可能な限り正確な情報をお伺いし、適切な取次先につなぐことが大切だと思っています。

事情があって登録手続きのための電話や来社ができない方への提案

――毎日多くの応募者の方の対応をされていますが、一人ひとりに合わせた対応をされているのですね。

勝田さん:
はい、応募者の方がどういった事情があるのかを伺い、最善の案内をするよう心掛けています。
たとえば、聴覚障害をお持ちの方は電話登録ができないので、メールで登録手続きの案内をすることで、電話でなくても登録を完了させることが可能になります。
また、連絡をいただいた時点では就業中であり、来社や電話での登録手続きができない方もいました。その場合は、WEB上でご応募から登録予約、登録まで完結できるように、手続き方法をご案内しURLを記載したメールをお送りしています。

――WEB登録もできるようなお話を先ほどされていましたね。

勝田さん:
せっかく数あるお仕事の中から『ウィルオブ』を選んでご応募いただいているので、応募者の方々に寄り添った提案ができるよう、最大限の努力をしていきたいと思っています。

――お話を聞いていると、本当に人によって事情などが違うので、それぞれに合う案内をしなければならないことがわかります。

応募者様への提案で気を付けていること

――実際に経験した対応についてお話をしていただき、どれだけ応募者様に寄り添い、最大限の提案をしているのかがわかりました。そんな勝田さんが、仕事をする上で気を付けていることはありますか?

勝田さん:
私が窓口としてこうした説明や提案をする際には、常に相手のペースに合わせるようにして、不安なことや疑問に思うこと、一つひとつに対応できるようにしています。その方に合わせた話し方や、話すスピードにも気を付けていますね。
また、最初にお問い合わせが来るのが私の部署なので、さまざまな提案ができるように知識も持ち合わせるようにしています。そうすれば、扶養枠内で働きたいというご希望の方に対して、週何日まで働くことができ、扶養枠内の上限金額まで収入を得ることができる、といった提案の幅が広がります。

――もしかしたら、これを言ったら仕事がもらえない、あれはダメかもしれないと不安に思っている人もいるかもしれませんからね。

勝田さんの仕事で意識していること

――応募者様に対してのお話をしていただきましたので、今度は、勝田さんが仕事をするうえで意識していることを教えていただけますか?

勝田さん:
そうですね、私が担当している仕事は、応募者の方のご希望に合うお仕事をご紹介するための窓口となるので、可能な限り、応募者の方の可能性を広げていくことを意識しています。そして、『人と仕事の懸け橋』になれればと思っています。

――素晴らしい心がけだと思います。ですが、そのためには勝田さんだけでなく、引き継いだその先の仕事紹介担当の人もそういった意識を持たなくては難しいと思います。

勝田さん:
もちろん、私だけでは難しいと思います。
なので、常にどうすれば応募者の方を引き継いだ先のお仕事紹介担当が動きやすくなるかも考えるようにしています。どんな細かいことでも、それが応募者の方にとって良いことになると信じているので、改善できそうなことは何でもやってみたいと思っています。

――なるほど。確かに、引き継いだ先で問題となっては応募者の方に迷惑がかかりますね。社内で働きやすくするためにどうするか考える勝田さんはすごいですね!

まとめ

――では最後に。勝田さんはご自身の仕事についてどう思われていますか?

勝田さん:
私たちは、応募者の方と各支店や部署の緩衝材のような存在だと思っています。
もし、応募者の方が希望される仕事と、引き継いだ先が持っている仕事が一致しなかったら提案すらできません。それでは、どちらのためにもならないと思います。
そこで、私たちが応募者の方がご希望される条件やお人柄などを理解、把握し、ご紹介ができそうなお仕事のすり合わせを行います。これにより、私たちから引き継いだ先での対応が変わってきます。

――確かに、希望する仕事が一致しなければ始まりませんね。そう考えると、本当に重要な仕事だと思います。

勝田さん:
それに、私たちはこうした窓口の仕事をしているので、迅速な対応が求められます。お仕事を探している応募者の方の中には時間がない人もいるかもしれませんからね。
また、このエントリーマネジメントという仕事に従事するメンバーは、常に応募者の方々の味方でなくてはなりません。常に、どうすれば応募者の方に『ご就業いただくチャンス』をご提供できるかを考えていかなければなりません。
そういった気持ちを忘れず、私はこれからも働く人と企業をつなげていけるよう、努力していこうと思います。

――これまでのお話で、勝田さんの仕事に対する強い意志を改めて感じることができました。これからもその思いを忘れず、頑張っていってください。今回は、インタビューを受けていただきありがとうございました。

勝田さん:
ありがとうございました。

仕事を探すなら「ウィルオブ・ワーク」

仕事をしたいけど、短期だからなかなか見つからない。Wワークをしたいけど、扶養枠内でできる仕事はあるか不安。興味があるけど、未経験でも受け入れてくれるかわからない。
このように、働きたいけど悩みがあって一歩を踏み出せない人はいませんか?

ウィルオブ・ワーク」は、幅広い職業を扱っているので、未経験の方や時短勤務を希望される方、どんな仕事があるかわからない方にも合う仕事がきっと見つかります。
一人ひとりに担当者がいますので、不安に思うことや疑問に思うことを話し合い、皆さんが安心して働ける仕事を一緒に探していきましょう。