女の幸せは結婚?仕事?アパレルショップ店員に聞いてみた!

かつて女性は社会に出ても、何年かすると結婚して家庭に入るいわゆる「寿退社」が主流でした。しかし女性の社会進出が進んだ現在では、結婚後も仕事を続けたいと望む女性が増えています。それは経済的な理由はもちろんのこと、女性自身が自己実現をし、いつまでも輝いていたいという願望をも示しています。

そんな中、アパレル系のショップ店員として働く女性たちは、結婚後の仕事についてどういったビジョンを持っているのでしょうか。アンケートをとって意見を聞いてみました。

1

 

好きな仕事だから続けたい!ただ家庭との両立が悩み

アンケートで最も多かった意見は「店員として働きたい」。37パーセントを占めています。

・この世の中、お金がないと大変なので働けるうちはずっと働きたいと思います。そのまま働けたら、再就職しなくて良いからです。(30代/女性/士業(弁護士・会計士など))
・やっぱり好きな仕事なので、結婚しても出産しても続けたいです!(20代/女性/学生)
・やっぱり結婚するだけは、幸せじゃ無いし、結婚していい仲間たちと働くのが幸せだから(10代/女性/学生)
・店員として働きたいが、家庭との両立のため勤務時間や勤務日数は少なくしたい。(30代/女性/パートアルバイト)

経済的な理由をあげる人もいますが、どちらかというと「好きな仕事だから続けたい」という人が目立ちます。やはりアパレル系の仕事につく人は純粋に「ファッションが好き」という人が多い、ということでしょうか。結婚しても家庭に埋没するのではなく、社会参加もしたいし同僚との付き合いも大切にしたい、など女性の意識も変化してきていることがうかがえます。

とはいえ、やはり家事や育児との両立からフルタイムでの勤務は難しいと考えている人がいるのも見逃せません。

a0027_001924

家庭に入るか異動して続けるか…悩める女性たちの姿が浮き彫りに

2番目に多かったのは「寿退社したい」で1番目とは僅差の35パーセント。そして「プレスなどに異動して働きたい」が21パーセントで続いています。

・寿退社して旦那さんのために尽くしたいです。 仕事よりも家庭を一番に考えたいので寿退社します。(20代/女性/パートアルバイト)
・休みも不定期で残業も多く夜も遅い仕事なので、現実的に厳しいと思います。仕事自体は楽しいのですがお金もかかるし、退社を選びます。(20代/女性/パートアルバイト)
・ショップ店員は、時間も遅くなるし休みが不規則だから。相手と休みを合わせたいので、時間や休みがはっきりした部署に異動したい。(40代/女性/パートアルバイト)
・結婚後はますますステップアップしてバリバリ働きたいので、異動して頑張りたいです。(20代/女性/自由業・フリーランス)

「寿退社」派の中には専業主婦志向の人がいる一方、続けたくても続けられないだろうという消極的な意見も。せっかくの好きな仕事をそうした理由であきらめるのは残念なことですね。

そんな中、店舗ではなくオフィスでの仕事なら時間が決まっているので続けられる、と「異動」を希望する人も。もちろん時間的な理由だけではなく、キャリアアップの一環としてプレスを希望している人もいます。働き方の選択にはさまざまな考え方があることがうかがえますね。

続けたいなら会社にとって「手放せない人材」になっておこう

男女共同参画が叫ばれて久しいものの、まだまだ家事・育児では女性の負担が大きいのが現状。専業主婦になる人は良いとしても、結婚後も働き続けたいとなると悩ましい問題が山積します。ただ本当に優秀な人材であれば、会社の方としても手放したくはないはず。まずは独身のうちに実績を積み重ね、なくてはならない人材になっておくことも必要でしょう。

そのうえで自分が本当にしたい仕事は何なのか、続けるためにはどんな方法があるのかなどを明確にし、仕事の継続と同時に長期的な視点でキャリア設計をしていくことも大切なのではないでしょうか。

■調査地域:全国
■調査対象:【性別】女性 【結婚】独身
■調査期間:2016年01月05日~2016年01月19日
■有効回答数:100サンプル

▼▼ アパレル業界のお仕事をチェック! ▼▼
Fashion Work 希望の条件で好きなファッションを仕事にする