派遣スタッフが妊娠したら仕事はどうなる?気になる対応方法をご紹介

近年、女性の社会進出がすすみ、女性活躍推進法の施行などにより女性の働きやすい環境整備が加速しつつあります。その中で仕事と家庭を両立しながら働く方もいらっしゃるでしょう。派遣社員として働いている期間中に、妊娠している事に気付いた場合、懸念するのは「このままの状態で働きつづけられるのだろうか」「体調を崩したらどうしよう……」「出産後、育児をしながら仕事に復帰できるのだろうか」ということなどではないでしょうか。そんな不安を解消し、妊娠後でも安心して仕事を続けられるような対応策をご紹介します。 

産休・育休とは 

働く女性であれば産休・育休について関心があると思いますが、そもそも産休・育休とはどのように定義されているのでしょうか?まずはそれぞれの定義を理解していきましょう。

産休

産休は産前休業と産後休業に分かれています。
産前休業は原則として6週間(多胎妊娠の場合は14週間)。産後休業は原則として8週間と定められています。 

育児休業

原則として子供が1歳に達するまで(保育所に入れない場合等は1歳6か月まで延長可)取得することができます。 

産休・育休に関する情報をリサーチする

妊娠に気付いた場合、派遣会社へすみやかに報告する事も大事なことですが、まずは落ち着いて派遣会社の規則(規定)や産休・育休制度などの福利厚生を確認するようにしましょう。事前に派遣先、派遣会社で産休・育休を取得した派遣社員がいるのかをリサーチし、同じ部署に産休・育休を取得後に復職された方が居れば話を聞いてみるのも良いかもしれません。その際には、産休・育休中の過ごし方や事前に備えておくと良いことなどについても聞いてみると良いでしょう。過去に産休・育休を取得した事例がない場合には、慌てず派遣会社の担当に相談することが大切です。 

直前に焦って情報を収集するよりも、前もって対応策を練っておくことが安心した妊娠期間を過ごすポイントです。
 

産後の仕事を安定させるためのスキルアップを検討 

産休・育休が無事取得できたとしても、そのまま元の職場に戻れるかはわかりません。ブランクがある場合、会社の状況も変わっているかもしれませんし、復帰の際に新しい仕事がすぐにみつかる保証もありません。そんな不安を抱きながら妊娠・出産・子育てを行うよりも、事前に産後の仕事を安定させるための対策を立てておきましょう。 

現状の自分の経験やスキルを客観視し、どのようなスキルアップができれば産後の仕事が安定するのかを考えてみることから始めてみてはいかがでしょうか。同じ派遣先でも自分よりスキルを持っている方はどのようにしてスキルを身につけたのかをリサーチしておくことが重要です。時間やお金、自分のキャリアの方向性などを検討し、現実的なものを選択してそれを産休・育休が終了するまでに行っておくことが大切です。 

産休・産後の育児中に資格を取得したり、腕がなまらないようにタイピング検定や社会経済のニュースを見たり、仕事のためになる書籍を読むなど社会とのつながりを常に持つようにしておきましょう。 

派遣会社に報告・相談する 

妊娠が発覚した際には、迅速に派遣会社に報告することが望ましいですが、その前に産休や育休に関する制度について理解しておくことが大切です。派遣会社によって、対応が異なる可能性があるので最低限の知識を身につけておくと、不安なく対処することができるでしょう。 

妊娠後の働き方がすでに決まっているのであれば、それを派遣会社に伝えても良いですし、整理がつかず今後の働き方が定まらないようであれば、上長や派遣会社に相談してみるのもおすすめです。また、企業には専属のカウンセラーが配属されている場合もあるので、妊娠後のメンタル面での悩みや上長に打ち明けづらいセンシティブなことも相談することができる場合があります。 

まとめ

いかがだったでしょうか。ここまで妊娠後でも安心して仕事を続けられるような対応策をご紹介しました。
妊娠中は仕事のことや今後の生活が不安になるかもしれませんが、母体の健康が最優先ですから、体を気遣うことが大切です。一人で抱え込まないで家族や上長などに相談した上で、今後の働き方を選択していきましょう。 

妊娠が発覚すると「契約打ち切りになってしまうのではないか」「産休を取得できないのではないか」などと懸念されるかもしれませんが、法律で守られているので安心して妊娠中も仕事に取り組んでいただけるかと思います。 

参考サイト: