事務の仕事をする人たちの気になるランチ事情とは?

コールセンターの仕事や事務の仕事だと、一日中オフィスのデスクワークになります。そのため、お昼の休憩時間は、外に出てリフレッシュできる貴重な時間です。一方で毎回外食だと費用も気になるところです。そこで、実際に事務の仕事をしている方100名にアンケートをして実態を調査してみました。ズバリ、ランチタイムは弁当派?それとも外食派?あるいはケースバイケース?

2

 

日によって気分も事情も異なるのが普通!?

アンケートの結果は、ランチタイムは「ケースバイケース」と答えた人が過半数となりました。

・ほとんどはお弁当でしょうがストレスも溜まるのでたまには外食したいです(40代/女性/専業主婦)

・基本はお弁当で週に一度は息抜きで外食したい。その方が近すぎず遠すぎず良い距離間を保てるから。(30代/女性/専業主婦)

・その時による。お弁当ではなく、基本はコンビニとかで買って、事務所内で食べるのが基本。(40代/女性/パートアルバイト)

・仕事場の休憩室の環境によると思う。良い環境ならお弁当が主になり、そうでないなら外食が主になると思うから。(50代/女性/パートアルバイト)

・給料の良さ、周りに安くて美味い店が有るか、そして社員食堂が有るのか、それで決まる(40代/女性/無職)

お弁当と外食、そのどちらにも利点がありますよね。お弁当だとお金をかけずに節約できますし、外食だと気分転換もできて仕事にも打ち込めそうですね。ケースバイケースと答えた人は、節約を心がけながらも、たまには贅沢をして外食でリフレッシュしているようですね。毎日お弁当を準備するのも大変ですし、同僚から声を掛けられれば外で食べるようにしている人が多いのでしょう。

毎日のランチを予め決めている人が意外と多い!?

「ケースバイケース」に次いで多かった意見は、「お弁当」でした。また少数ながら「外食」と答えた人もいました。

・事務は総合職よりも給料が少ないのでその分お金を貯めたいから。(20代/女性/会社員)

・貴重なお昼休み。限られた時間の中での食事と休憩、やっぱり御弁当派です。倹約にもなるし。(50代/女性/専業主婦)

・主婦なので、お弁当。毎日外食では、ランチ代がかさんで大変。主人のお弁当を作っているのでつらくない。(40代/女性/パートアルバイト)

・お昼は仕事の合間に食べたりするのでお弁当です。 毎日作ると節約にもなりますし、栄養バランスもとれます。 また、体調によって量の加減もできるので。(30代/女性/会社員)

・営業職とは違い、1日中会社の中にいるので、昼食は外で食べてリフレッシュしたいからです。(10代/女性/学生)

やはり倹約のためにお弁当と決めている人も多いです。とくに家族の分のお弁当を作っている人は、自分の分も用意してお弁当を持参するようですね。確かに毎日の食事は、少しの節約でも積もればかなりの金額になりますね。またお弁当だと体調に合わせて量や栄養を調整できる利点があるという意見もありました。

そして、一番少ない回答でしたが、ランチタイムは「外食」にしているという人もいました。一日中会社にいるのが我慢できない人は、出費はあまり気にせずに美味しいものを食べて楽しんでいる様子がうかがえます。

自分や職場に合った素敵なランチタイムを!

今回のアンケート結果を見るとケースバイケースという意見が最も多くなりました。また、そのコメントを見ると、基本はお弁当で、たまには外食というパターンが少なくありませんでした。2番目に回答数が多かったお弁当という回答と合わせると、大多数人はお弁当を持参している様子が分かりました。

業務によっては休憩時間が前後してしまうこともあるでしょうから、いつでも食べられるお弁当が便利なのかもしれませんね。また同僚との親睦を深めたり、1人の時間を持ちたいなど様々な理由で外食をするケースもありますね。ランチタイムは倹約をしながらも、上手に気分転換をしてしっかりと仕事に戻れるのが理想かもしれませんね。

■調査地域:全国

■調査対象:【性別】女性

■調査期間:2016年02月04日~2016年02月10日

■有効回答数:100サンプル

post_banner