女性はどれを選ぶ?派遣事務ならどの給与体系が希望?

職種や勤務地などを選んで仕事ができる派遣ですが、その中でも事務職などは女性向けと言えるのではないでしょうか。派遣社員の給料は、パートやアルバイトより高いことが多く、その点でも人気があるのかもしれません。さて、その給与体系ですが時給制の場合がほとんどで、稀に月給制や年俸制を取っている場合もあるようです。

事務職の派遣を希望する場合、仕事内容の他に給与体系も選択条件に入っている女性も少なくないですよね。これらの給与体系にはそれぞれ特徴があり、「この賃金形態で仕事がしたい!」という人もいるかもしれません。そこで、全国から100人の女性にアンケートを取り、その理由を聞いてみました。

2

 

勤務時間の選択や残業代など考えて…。時給希望が6割強!

最も多かったのが時給と回答した62人で、全体の約3分の2という結果となりました。

・休日の日数によって上下するけれども、残業すればするほどアップしそうだから(30代/女性/専業主婦)

・時給が一般的だと思うし、残業代が確実に出るというメリットがあるから。(30代/女性/専業主婦)

・派遣だと働ける時間が選べるので、働いた分の給料をもらえる時給がよい。(30代/女性/その他専門職)

・月給だとそれなりに拘束時間が長いことが多いですよね。今の自分は子供がいますので、あまり長時間は働けないので時給の方が気楽です。(40代/女性/専業主婦)

時給制の場合、残業すればその分の残業代がプラスされるからという意見が多く出されました。業務の繁忙期であれば、いつもより多めの給料になって頑張った自分にプレゼント!なんていうことも!?

また、時給が一般的との声もあり、仕事を選ぶときの選択肢の多さで、より自分に合ったものを選べる可能性が高くなりますよね。子供のいる家庭であれば、事情に合わせて希望の勤務時間で働けそうです。

安定したイメージ!月給制も意外と多い!少数ながら年俸の回答も

二番に多かったのが、月給と回答した34人!少数ながら年俸と答えた人も4人いました。

・時給だと祝日が多いと完全に不利。なので月給か年棒の方がまし。あとはその他の待遇によっても変わると思います。(40代/女性/その他専門職)

・月給の方が安心する。時給だと体調不良などで休んだ時の保障がない(20代/女性/パートアルバイト)

・月給のほうが、毎月の収入・支出のバランスが摂りやすいと思うので(30代/女性/会社員)

・自分の実力を総合的に見てもらえそうだから。時給だと人生を切り売りしているようでいや。(30代/女性/会社員)

月給と答えた人は、時給と比較して祝日などの休日や体調不良による急な休みなどで、給料の額が左右されないメリットを挙げていました。毎月の給料が定まっていることで、支払いなど計画的にできそうです。金額に変動がないというのは、安心感につながり落ち着いて仕事に向き合えるかもしれませんね。

年俸を選んだ人は、自分の実力を総合的に見てもらえそうとの意見で、これまで培って来たスキルを存分に活かし働くことができそうです。

時給制の派遣が人気!ライフスタイルに合わせて選べる派遣事務

アンケートの結果、派遣事務で働くなら時給が良いという女性が3分の2もいることが分かりました。場合によっては残業代で給料が増えたり、自分の希望する時間帯を選べる自由度の高さが人気の理由のようです。

月給は生活基盤の安心感につながりますし、年俸は高いスキルを必要される仕事を任せられることで高収入も期待できそうです。それぞれのライフスタイルに合わせて選ぶことができるのが、派遣事務のお仕事の良さと言えるのかもしれませんね。

■調査地域:全国

■調査対象:【性別】女性

■調査期間:2015年10月15日~2015年10月29日

■有効回答数:100サンプル

post_banner