見た目もやっぱり大事?オトナの制服事情

金融機関や病院、メーカー、商社など事務職に制服がある業界は結構ありますよね。オフィスカジュアルで毎日オシャレを楽しむのもいいですが、毎日着る服に悩まなくていいのもまたそれはそれで嬉しいもの。

でも、みんな一緒とはいえあんまりダサいのはちょっと…という声もあるかも知れません。そこで今回は、事務職として働く上で制服には何を求めるのか、アンケート調査をしてみました。

11

 

大事なのは見た目より中身でしょ!

アンケートの結果、6割以上の人が制服には特にこだわりがないという結果となりました。

・働きやすい服装であれば、デザインや見た目は特にこだわりはありません(30代/女性/専業主婦)

・仕事の制服ならその仕事にあった服装ならなんでもいいと思います。不潔でなかったら、なんでもいいと思います。(20代/女性/無職)

・事務の仕事内容で選ぶので会社の制服のデザインは全く気にしません。(40代/女性/パートアルバイト)

・特に制服にこだわりがないので、よほど変なものでなければ気にしません。(20代/男性/パートアルバイト)

働く上で服装はなんでもいい、という声が多く挙がりました。事務職であれば外に出ることも少なく、社外の人の目に触れることもあまりないので仕事上差し支えなければファッション性は問題にならないのかもしれません。それよりも仕事の内容が自分に合うかどうか、その方が大事だと考える人が多いようで制服の如何は会社選ぶ際の基準にはなっていないようです。

制服だって自分らしく!オシャレにキメたい

一方で4割近くの人が制服にはこだわりたいと思っているようです。

・昼休みに外食することもあるから、ダサいのは嫌。外出先で恥ずかしい思いはしたくないから。(50代/女性/無職)

・仕事が地味なので制服はオシャレな服装にこだわりたいと思います。(30代/男性/契約派遣社員)

・あまりにもメルヘンとかださいと、やる気でないし。誰かに会ったとききまずすぎるので。(30代/女性/自由業・フリーランス)

・デザインが古臭すぎないこと、また、スカート丈が年齢が上でも着用できそうな長さであることなどへのこだわりはあります。(30代/女性/専業主婦)

ランチなどで外に出かけることもあるし、そんなときに着ている制服がダサいのはいや!という声が多く挙がりました。確かに、もし外に出て知り合いに会ったら…と考えたらできればスマートな自分でいたいですよね。また、仕事自体が華やかさに欠けるので服装くらいはオシャレしてモチベーションを上げたいという意見もありました。

楽チン?!制服ワーキングライフ

今回のアンケートでは仕事だと割り切って何でも受け入れる、という声が多く挙がり半数以上の人が制服にこだわりがないことがわかりました。事務職ならば内勤がほとんどで、出かけるとしてもランチタイムくらいのもの。ならば制服の方が着ていく私服に困ることもないし、お金もかからないしで一石二鳥なのかもしれません。

また、着ていく服に指定がないということは逆にいえばルールを気にせず好きな服装で通勤できるので、そのままアフターファイブを華やかに楽しむこともできます。会社が支給してくれるのであれば特に抵抗なく受け入れる気持ちも頷けますよね。

■調査地域:全国

■調査対象:年齢不問・男女

■調査期間:2015年07月28日~2015年08月11日

■有効回答数:100サンプル

post_banner